JIBUNマガジン

2017年11月号 vol.28

【ひと】タイでのご縁から本郷へ。手作りパンやサンドイッチを出張販売/松戸のラ・コリーヌ洋菓子店

2017年11月04日 22:50 by Takako-Oikawa

 週3回だけ、文京区本郷で、松戸からやってくる若いご夫婦がパンやサンドイッチを売っている。松戸市西馬橋で42年続くラ・コリーヌ洋菓子店の2代目、小山大介さんと寿美絵さん。本郷へのご縁は、タイ経由だという。

 本郷で貸しスタジオ「Studio Laugh」と簡易宿所「GOEN」の経営を始めた髙木創史さんと桜乃まゆこさん夫妻(10月号記事参照)と、3年ほど前に、タイマッサージの勉強をしに行っていたチェンマイで出会ったそうだ。その後も交流が続いていて、東京で売り場を探していたところ、桜乃さんの親族が運営している夜はビアバー、昼間はシェアスペースとしている本郷の「Bon Point(ボンポアン)」につながった。現在、月、水、金の11時から、焼きたてパンやサンドイッチなどを出張販売している。Studio LaughとGOENのオープニングパーティーでも、サンドイッチやドーナツなどを提供した。

 松戸の工場では家族総出で具材から手作りしている。例えばカツサンドはトンカツから作る。「基本、1から作る。自分たちが食べておいしいもの、安心して食べられるものをつくっています」と大介さん。クリームサンドの生クリームも、ケーキで使うもの。「うちはベースが洋菓子店ですので」

(本郷の週3「店舗」で)

 「牛すじカレーと野菜」「肉みそとナスのチーズフォンデュンデュ」「きのこのシチューパン」「さつまいもとササミグラタンパン」「巨峰のデザートパン」……総菜パンはその名の通りの具材が詰まっている。

 毎日食べてもらいたいので買いやすい価格にしているという。メーンの価格帯は150円~250円。朝焼いたパンを11時から17時半まで販売しているが、売り切れご免で、早いときは14時に終了したこともあるそうだ。(敬)

関連記事

【まち】知ってる?作曲家いずみたくがつくった「ふるさと谷中音頭」

2017年10月号 vol.27

【まち】実験的な作品の作り手を応援する劇場/日暮里のd-倉庫

2017年09月号 vol.26

【ひと】東京産の和紙の魅力を広める伝道師/東京和紙の篠田佳穂さん

2017年08月号 vol.25

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年10月号 vol.27

芸術の秋。10月は谷根千地区で恒例の「芸工展」が開かれています。まちじゅう...

2017年09月号 vol.26

夏らしい日が少ないまま夏が過ぎ、日差しも秋めいてきました。 秋はお祭りシー...

2017年08月号 vol.25

JIBUNマガジンも2周年を迎えました。8月号はだいぶ遅れての発行となりま...