JIBUNマガジン

2017年08月号 vol.25

【まち】ハーモニカ学習が小学校から消えた理由とは?子どもたちと100年の歴史あるトンボ楽器製作所を訪ねてみた

2017年09月01日 21:36 by Takako-Oikawa

 質問。小学校の授業でハーモニカを習った方~。鍵盤ハーモニカだった人~。

 あなたはどちらですか? 実はこれで年代がわかっちゃうんです。

 ハーモニカはかつて、学校音楽教育の主役でした。ところが1970年代後半以降、鍵盤ハーモニカに取って代わられてしまいます。さあ、なぜでしょう。答えはこのあとのインタビューの中で。

 荒川区西日暮里に、ハーモニカの製造を始めて100年になるトンボ楽器製作所のショールームがあります。7月、JIBUNと荒川区民による地域情報ウェブマガジン「荒川102」による協働講座「親子で学ぶ記者体験」の一環で、子どもたちとトンボ楽器製作所を訪ね、創業者のひ孫にあたるマーケティング部長の真野哲郎さんに聞きました。(子どもたちによる質問に加え、追加取材しています)

曽祖父のおもちゃ作りから始まった

――どういう会社ですか

 1917(大正6)年に最初のハーモニカを私の曽祖父真野清次郎が作りました。今年で100年です。ハーモニカが日本に入って来たのは明治時代のようで、「西洋横笛」と呼ばれていました。祖父はもともと真野商会という玩具問屋を営んでいて、輸入品のハーモニカで壊れたり使い物にならなかったりしたものを分解して、おもちゃのハーモニカを作っていたんです。それが評判だったので、楽器として製造販売を手掛けるようになりました。最初は自宅の庭先で作り始めたのです。

――どうしてトンボという名前なんですか

 当時、会社名に昆虫の名前を付けるのがはやっていたそうです。バタフライとかコオロギとか。コオロギというのは木琴を作る会社だったようです。

――もうかっていますか?

 昔は大きかったのですが、今は小さくなりました。というのも、昔は学校教育にハーモニカが採り入れられていましたので、小学生が全員ハーモニカを持っていました。ベビーブームの時代は年間200万人の子どもが生まれていましたから(2016年は97万人)、毎年200万本のハーモニカが必要になるわけです。わが社以外にもたくさん会社がありました。ところが学校では昭和50年代(1970年代後半~80年代前半)から使われなくなり、需要が減ってしまったのです。いまわが社では年間50万本ぐらい作っています。

 ハーモニカを作っている会社は希少で、いまや世界で6つぐらいしかないんです。日本では4社。その中でわが社が最も古いです。

――なぜ学校で使われなくなったのですか

 ハーモニカは教えにくかったのだと思います。口で楽器を覆ってしまうから、何の音を吹いているのかがわからない。先生方も吹き方を習ったわけではないし、どう指導してよいかわからなかったのでしょう。その点、目に見える鍵盤の方が教えやすい。ですから鍵盤ハーモニカに代わっていったのだろうと思います。

 

クラリネットやサックスの仲間!?

――ハーモニカは何種類ぐらいあるのですか

 トンボ楽器で500種類あります。いろんなキーがあるので、それを入れると、の話ですが。ネックレスにできる指先サイズのものから、重さ1キロもあって低い音を出すバスハーモニカとかコードハーモニカと呼ばれるものまでいろんなサイズがあります。

――ハーモニカは誰が作ったのですか

 諸説ありますが、ドイツのクリスチャン・メスナーさんという人が最初に作ったと言われています。

――なぜハーモニカという名前なのですか

 多くの楽器は音が一つしか出ないと思いますが、ハーモニカは一度にたくさんの音が出せます。和音が吹けるのです。英語で和音のことをハーモニーと言います。それが由来です。

――ハーモニカは何でできていますか

 主に金属です。カバー部分はステンレスで、あとは銅と亜鉛を混ぜた真ちゅうやプラスチックなどです。

――ハーモニカは金管楽器ですか

 いいえ。吹奏楽器ではあるけれど、金管ではありません。リード楽器です。リードとは、空気の振動を起こすための弁のことで、クラリネットとかサクソフォーンが有名ですね。形は違いますが、大きなくくりとしては同じ仲間です。フリーリードというリードを使う楽器で、アコーディオンもこの仲間です。

――楽器作りで大変なところは何ですか

 音の調整です。ハーモニカのリードは真ちゅうでできています。厚さ0.3ミリのリードを、機械の特殊な刃で0.01ミリずつ削って調整します。息を吹き込んだり吸ったりするたびにこのリードが振動して音を出すというしくみです。リードを薄くすると高くなります。音を聞きながらこまかな音程(ピッチ)の調整をしていきます。最後に調律もします。

「ゆず」や長渕剛も愛用!

――どんなミュージシャンが使っていますか

 世界で一番有名なハーモニカ奏者と言われるリー・オスカーさんが使っています。知らないかな。有名どころならミック・ジャガー。「ゆず」や長渕剛もわが社の楽器を使っています。

――上手にふくコツは

 練習するしかありません。

――真野さんにとってハーモニカの魅力は何ですか

 ハーモニカは簡単な楽器なんです。ちゃんと音楽をやってきていない人でも、おじいちゃんでもおばあちゃんでも吹けば音が出る楽器です。適当にくわえて息を吸ってはくだけで、複数の音が出る。そこがとてもいいところです。

――ハーモニカはどんなところで使われていますか

 バンドの中で伴奏することもあれば、メロディーを吹く場合もあります。低音が出るバスハーモニカと一緒にアンサンブルをすることもあります。いろんな楽しみ方があります。さあ、みんなで吹いてみましょう!

トンボ楽器製作所

日暮里ショールーム

〒116-0013 荒川区西日暮里2-37-22

TEL 03-3802-2105

営業時間/10:30~19:00

定休日/日曜日・祝祭日

関連記事

【まち】まちの資源を活用し、出会いをつなぐ――東洋大とコラボで文京区民らが子どものまちあそびについて考えた

2017年11月号 vol.28

【まち】埋もれていた戦前の画家・丸井金猊に光/芸工展2017まちかど展覧会レポートその①

2017年11月号 vol.28

【イベント案内】「このまちにやく味あり」。まちじゅうが展覧会場、芸工展2017はじまる

2017年10月号 vol.27

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2017年12月号 vol.29

師走です。1年の締めくくりの月です。みなさんにとってどんな1年でしたでしょ...

2017年11月号 vol.28

土地や場所に制約があっても、人がいれば、可能性は広がります。 人と人のつな...

2017年10月号 vol.27

芸術の秋。10月は谷根千地区で恒例の「芸工展」が開かれています。まちじゅう...