JIBUNマガジン

2016年04月号 vol.9

記事タイトル一覧

【保育】認可保育園不承諾の親たちが400以上の署名集め区に提出

記事テーマ:子ども

今春、文京区では認可保育園が5カ所(うち1園は認定こども園)新設されたが、それでも入れない人が続出しており、親たちが認可保育園増設を求めて3月、電子と紙による署名活動を行い、4月、文京区に提出した。署名した親の1人は「他区の認証保育園(認可外)になんとか...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

イクメンと呼ばないで~男37歳、ただいま育休中(8)息子初、新幹線乗車にヒヤヒヤ/5月からは子連れ通勤/田村一樹

記事テーマ:子ども

3月下旬、親子3人で北陸新幹線に乗って金沢へ行きました。母方の祖父の一周忌の法事のためです。息子にとって初めての新幹線。ほかのお客さんの迷惑にならないようにと、往復とも車両の一番前の席を予約しました。 息子を抱っこし、礼服、息子の着替え、おむつに離乳食と...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【JIBUNテレビ】地域活動をサポートする文京ボランティア・市民活動センター「フミコム」4月1日オープン/WiFi完備、つながりの橋渡しも

記事テーマ:まち

耐震改修して新装開店した文京区民センターの地下1階に2016年4月1日、文京ボランティア・市民活動センター「フミコム」がオープンした。地域活動をつなぎ、社会起業の後押しや交流の場、活動拠点となることをめざしている。文京区と文京区社会福祉協議会が連携して事...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち・イベント】妖怪テーマに、表現自由に/妖怪食堂フェスティバル、千駄木で

記事テーマ:まち

「ちょっとご飯食べにいかない? 妖怪食堂で」と、言われたら、ナニナニ? と出かけるだろう。気軽に妖怪アートに触れる場をつくり、妖怪ファンのすそ野を広げたいと、「妖怪食堂フェスティバル」が4月8日まで、千駄木のカフェギャラリー幻(まぼろし)で開かれている。...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【メディア・イベント予告】東東京を地域メディアで盛り上げよう/昨年12月発足の東東京まちメディア会議所が始動、16日にライター講座、26日にトークイベント

記事テーマ:地域メディア

文京区、台東区、荒川区で地域webメディアを運営する5者が発起人となって、「東東京まちメディア会議所」が2015年12月に発足し、4月、同会議所として初のセミナー・イベントを開催する。16日は各メディアとも課題となっているまちの記者の養成講座、26日は情...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑨道ひとすじに古書を仕分ける82歳/文献書院・倉庫兼仕分け場

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

日差しの心地よい午後など、大塚三丁目交差点から茗荷谷駅方面に向かって春日通り沿いに降りてくると、積み上げた古本の前にどっかと座って、ラジオをかけながら本の整理をしている御仁をよく見かけます。  ここは神保町の古書店、文献書院(千代田区神田神保町2丁...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

赤ちゃんとお出かけ情報局⑨授乳室探訪/エキナカ編:品川駅(YogaとくらしのサロンLINGKARANG)

記事テーマ:赤ちゃんとお出かけ情報局

電車で移動中に赤ちゃんが泣きだして、あやしてもなかなか泣き止まず、授乳もなんだかしにくい雰囲気で途中下車・・・・。なんて経験ありませんか?乗る時間帯や路線にも乗りますが、公共交通機関での子連れのお出かけはなかなか大変なこともありますよね。 なかでもやっぱ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【子ども】読み継がれた歴史を体感/福音館書店こどものとも60周年記念フェスタ、西巣鴨で

記事テーマ:子ども

ぐりとぐら、だるまちゃん、ぞうくん、そらまめくん、せんたくかあちゃん、ぐるんぱ、マトリョーシカちゃん・・・子どものころ、あるいは親となって読んだ絵本でこれらを知っている人は多いのでは? すべて、福音館書店(文京区)の月刊物語絵本「こどものとも」から生まれ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2019年10月号 vol.51

暑さ寒さも彼岸まで、のはずが、10月に入っても気温が高い日が続いています。...

2019年09月号 vol.50

おかげさまでJIBUNマガジンも創刊4年、50号を迎えました。読み手も書き...

2019年08月号 vol.49

灼熱の夏です。日中「危険」な暑さが続いています。暑さ指数が31「危険」を超...