JIBUNマガジン 文京区

2023年04月号 vol.93

OSAGARI絵本のよりみちにっき/3年生、ついに理科が始まる!

2023年04月17日 01:50 by Takako-Oikawa
2023年04月17日 01:50 by Takako-Oikawa

桜が咲いたと思ったらあっという間に春休みが終わり、いよいよ新学年の始まりです。今年3年生の息子は、クラス替えで仲良しのお友達数名と離れ、気になるあの子は転校し、大好きな先生も離任。

わー、これはちょっと落ち込んじゃうかなあ……と内心ドキドキしながら様子を見ていたら、あらあら、あっという間のリカバリー。親の心配をよそに、毎日新しい出会いに忙しいようです。

昨夜も翌日の準備をしながら、「嬉しいなあ。ついに理科が始まるんだよ。ずっとこの時を待っていたんだよ~」と、何度もつぶやく人。普段はたった1ページの宿題でさえぶつくさ言いながら始めるくらいですが、考えてみれば理科は、子ども達が小さなころから親しんできた遊びに最も近い教科と言えるかもしれません。

そんなわけで、今回はこんな絵本をピックアップしてみました。

『科学であそぼう3

かたいもの やわらかいもの』

井上翔平 文 守屋信介 絵

岩波書店

「身のまわりにある不思議をさぐろう!」という本書では、子ども達の身近にあるかたいものとやわらかいものに着目して、その性質の違いについて考えていきます。例えば、アイスクリームとソフトクリームは似たような材料で作るのに、出来上がりのかたさが違うのはなぜ? さらには、どちらも完全にとかして再冷凍しても、二度と元のかたさに戻れないのはどうして?とか。

この本を子どもと一緒に読んだあとで身の回りを見渡せば、あちこちに実験材料が転がっていることに気付くはず。ぜひお試しを。

ハンディタイプの双眼鏡で紙を拡大。小さな色の水玉が浮き上がってくるのが楽しくて、あらゆる紙を拡大して遊ぶのが好きだったころ

OSAGARI絵本・伊藤みずほ)

関連記事

OSAGARI絵本のよりみちにっき/生きるということ

2024年02月号 vol.103

OSAGARI絵本のよりみちにっき/あたたかいプレゼント

2023年12月号 vol.101

OSAGARI絵本のよりみちにっき/反抗期でもおしゃべりさん

2023年10月号 vol.99

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年05月号 vol.106

緑萌える季節に、残念なお知らせです。ウェブマガジン発行サービスが5月いっぱいで…

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…