JIBUNマガジン

2017年04月号 vol.21

記事タイトル一覧

【まち】こども向けからお年寄り向けまで、1つずつ丁寧に作るお弁当のお店 ~白山仲通り・はとや~

記事テーマ:まち

3月某日の昼下がり、文京区役所のある春日から白山の方向へ向かって白山通りの1本右側、通称「白山仲通り」を歩いておりますと、通りかかった原付から「どこいくの?」と声がかかります。「はとや」の店主、友枝さんではないですか。注文のお弁当を届けに行く途中だそうで...

takegata takegata

〈子どもと☆いこいこ!〉①ワールドネイバーズカフェ/落ち着いたゆったり空間、赤ちゃん連れOK

記事テーマ:子どもと☆いこいこ!

ママ、パパと子どもが一緒に楽しめるお出かけ先情報をお届けする<子どもと☆いこいこ!>の連載を始めます。月1回程度、子連れで行きたいお食事スポットや都内イベントなどを、0歳児の息子連れで取材をし、みなさんにご紹介してまいります。(近藤理恵) 初となる今...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち・カフェ】天然酵母のパンと料理教室の二本立て/千駄木の路地の奥にあるパン屋さんMignon(ミニョン)

記事テーマ:カフェ

千駄木の動坂上から団子坂上へ抜ける道は「くらしのみち(通称保健所通り)」と呼ばれる。動坂方面からこの道を入って少し進むと右手に千駄木小学校がある。体育館のはずれの路地を右に曲がると文林中学校、千駄木幼稚園があり、その先に千駄木公園がある。春休みの土曜日、...

inaba_yoko inaba_yoko

【面白人】この男、銭湯界にイノベーションを起こすのか!?大黒湯・岡嶋登氏と文京浴場組合の取り組みを大公開!

記事テーマ:面白人

先日レポートした大黒湯の記事をお読みいただき誠にありがとうございます。え、読んでない? とても特色のある銭湯なので、ここからぜひお読みくださいね。 前回は茗荷谷の大黒湯の情報をお伝えしたのだが、ご主人の岡嶋登さんが銭湯の経営をしながらも実は文京浴場組合...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち・子ども】文京区の見どころを子どもたちが取材した!フリーペーパーMITAMIYO!!(みたみよ!!)完成

記事テーマ:まち

「創業何年ですか」「1カ月に来るお客さんの数は何人ですか」 子どもたちの質問に、文京区大塚の花店ラ・フルールの店主は丁寧に答えていた。「文京マガジンを作ろう」というワークショップの1コマ。2017年1月から3月にかけ、文京区の小学生が区内の印刷業やお寺、...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

ご近所 茗荷谷界隈特別編/ネット時代に生きる~賢い利用者になろう~寄稿・稲富滋

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

人類の知恵と知識がいっぱいつまっているのがインターネットの世界です。これをうまく使わない手はありませんね。 普段ネットをどのように使っていますか? あまり意識していないかもしれません。ゲームをしたり友達とチャットをしたり。勉強でわからないこと、単語を調...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)「陽だまりの樹」の三百坂

記事テーマ:文京区の名坂

三百坂は、小石川伝通院の西側に位置し、なだらかで、優しげな坂です。お江戸の古い坂ですが、近くにある同じ江戸期の藤坂や善光寺坂は、かなり急で厳しいイメージ。新しい播磨坂、吹上坂は、当然、自動車用なので長くタフなイメージ。それらに比べ三百坂は、坂道を走ってい...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

〈ささえる みまもる〉世田谷のおでかけひろばを訪ねてみた

記事テーマ:ささえる みまもる

東京都世田谷区には、いつでも好きな時間に出かけられて親子でゆっくり過ごしたり、遊んだり、子育て情報の交換をしたりできる「おでかけひろば」が17カ所ある。文京区の「ぴよぴよひろば」や「子育て広場」のような場所だ。文京区は直営か業者委託だが、世田谷の場合は区...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2017年08月号 vol.25

JIBUNマガジンも2周年を迎えました。8月号はだいぶ遅れての発行となりま...

2017年07月号 vol.24

夏本番です! 22日、23日は伝通院と源覚寺(こんにゃくえんま)、牛天神北...

2017年06月号 vol.23

空き家や空きビルを活用したシェアスペースや子育てひろばなど、まちのスペース...