JIBUNマガジン

2017年04月号 vol.21

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)「陽だまりの樹」の三百坂

2017年04月02日 18:14 by Takako-Oikawa

三百坂は、小石川伝通院の西側に位置し、なだらかで、優しげな坂です。お江戸の古い坂ですが、近くにある同じ江戸期の藤坂善光寺坂は、かなり急で厳しいイメージ。
新しい播磨坂吹上坂は、当然、自動車用なので長くタフなイメージ。それらに比べ三百坂は、坂道を走っているという感覚もあまり無く、短く、細く、そしてゆるくなだらかです。なのであまり好きになれずに気にも止めていなかったのですが、、、

しかし古地図を見ると、

まず、「三百サカ三百サカ下トヲリ三百サカ下通り」と三百坂関連の表記が多いことに気づきます。

表記が多いのは大名(松平播磨守)が江戸城登城の際、この道筋がメインストリートだったということでしょうか。古地図では大名の名の書き出しが表門なので下記の登城ルートが想像できます。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」文京区の名坂に掲載されたものです。

 


関連記事

走れ!いだてん/「パリに沈む日」

2020年02月号 vol.55

走れ!いだてん/「震災からパリへ」

2020年1月号 vol.54

走れ!いだてん/「金栗パパ竹早にあり」

2019年12月号 vol.53

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.55

今月は4年に1度2月「29日」がある「うるう年」。いつもの年より1日多いの...

2020年1月号 vol.54

2020年も半月過ぎてしまいました。お正月気分は抜けてしまったでしょうか。...

2019年12月号 vol.53

クリスマスまでなんとなく気持ちもにぎわって盛り上がりますが、すぐに歳末、正...