JIBUNマガジン

2015年8月号 vol.1

記事タイトル一覧

【面白人】茗荷谷界隈で身の回りの情報を発信、稲富滋さん/「駅ごとに僕みたいな人がいればいいんだけど」

記事テーマ:面白人

スマホで播磨坂の桜並木を撮影して早回し動画をアップしたり、自撮り棒を活用したり。最新の情報通信技術を駆使し、文京区・茗荷谷在住の稲富滋さんは、自分の目の届く生活範囲で見聞きしたことをフェイスブックページで発信している。その名も「ご近所茗荷谷界隈」。昨年2...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!「ご近所 茗荷谷界隈」①安部公房旧宅、失われる土地の記憶

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

小日向1-18-26(旧茗荷谷57番地)を訪ねると今は更地になって売りに出されている分譲地があります(4月7日現在)。 以前は文京区保護樹に指定されていた大きな「ケヤキ」と、ドングリがいっぱいになる「シラカシ」の大樹に覆われた緑豊かな一角でしたが、昨...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【子ども・遊び場】夏の水遊び特集!じゃぶじゃぶ入れる水場は区内4カ所/水質検査や監視員も

記事テーマ:子ども

夏本番! 暑い日は水遊び。でも、じゃぶじゃぶ入れる水場は調べた範囲では文京区内では4カ所のみ。文京区とその周辺で水遊びができる場所の情報を集めてみた。  まずは教育の森公園(大塚3-29-2)にあるじゃぶじゃぶ池。水場が2つあり、比較的広い。10時~16...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【子育て】パパ、ママ、赤ちゃん、地域の方、集まれ!文京区社会福祉協議会主催のサロン、7月から始まる

記事テーマ:子ども

アンパンマンのパズルを持ってきてはひっくり返し、完成させてはまたひっくり返し・・・女の子が遊びに熱中している。見守るのはお母さんと、文京区社会福祉協議会(文社協)のスタッフや地域の人たちだ。文社協は、区民が実施する「ふれあいいきいきサロン」を支援している...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

赤ちゃんとお出かけ情報局/授乳室探訪①表参道・クレヨンハウス(「YogaとくらしのサロンLINGKARANG」から)

記事テーマ:赤ちゃんとお出かけ情報局

1か月健診を過ぎると、少し赤ちゃんとの生活リズムがつかめてくるころ。授乳におむつ替え、抱っこに沐浴の繰り返しに少し疲れて、大人とも話がしたくなって。3か月ごろになると、新米ママと赤ちゃんはおっかなびっくりお出かけをするようになります。でも、赤ちゃんとのお...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【イベント報告】対話の中で自分の考えをつくり、判断を/東京大名誉教授・石田雄さんが語る「親子で聞こう、戦争体験」

記事テーマ:イベント報告

「軍隊には、命令以外のことばがなかった。考えることができなくなった」。92歳、学徒動員経験がある東京大学名誉教授で政治学者の石田雄(たけし)さんの言葉は重い。戦後70年。失われつつある戦争体験を未来へ語り継ごうと「親子で聞こう、戦争体験」の会が発足し、6...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2019年11月号 vol.52

10月、11月は本をテーマにしたイベント、アートなイベント、色とりどりなイ...

2019年10月号 vol.51

暑さ寒さも彼岸まで、のはずが、10月に入っても気温が高い日が続いています。...

2019年09月号 vol.50

おかげさまでJIBUNマガジンも創刊4年、50号を迎えました。読み手も書き...