JIBUNマガジン

2015年8月号 vol.1

【子育て】パパ、ママ、赤ちゃん、地域の方、集まれ!文京区社会福祉協議会主催のサロン、7月から始まる

2015年08月04日 16:39 by Takako-Oikawa

 アンパンマンのパズルを持ってきてはひっくり返し、完成させてはまたひっくり返し・・・女の子が遊びに熱中している。見守るのはお母さんと、文京区社会福祉協議会(文社協)のスタッフや地域の人たちだ。文社協は、区民が実施する「ふれあいいきいきサロン」を支援しているが、7月から、自らが主催するサロンを始めた。「子育て中の人だけでなく、地域の人や、子育て支援をしたい人が交流する場になれば」と話している。

 

 アカデミー向丘の和室で、7月は3回開いた。参加費は無料。予約なども必要なく、誰でもふらっと行ける。8月は3日(月)10時~12時、12日(水)14時~16時、21日(金)10時~12時、27日(木)14時~16時。曜日や時間帯を変えて試行中だ。

 

社協が支援する「ふれあいいきいきサロン」は、区民同士の地域支え合い活動で、子育て中の親子から高齢者、障害者まで、孤立や閉じこもりをなくし、交流を深めることを目的にしている。区内には茶話会的な活動を中心に、体を動かしたり、手仕事しながらだったり、対象も高齢者から子どもまで、さまざまなサロンが120近くある。サロン一覧の冊子は社協で配布しているほか、サイトでも見られる。

問い合わせは文社協市民活動支援係(03-3812-3114)

関連記事

パンを焼いて自ら学び家族も喜ぶ/習い事としてのこどもパン教室うつせみキッチン

2021年03月号 vol.68

小1の壁、どうする?選択肢は昔より増えたが/学童トクトクトークオンライン

2021年02月号 vol.67

地域の人たちがソーシャルファミリーに/子ども村:中高生ホッとステーション

2021年01月号 vol.66

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年03月号 vol.68

コロナの話題には飽き飽き。外出自粛もイベント中止も慣れっこ。やれやれの気分...

2021年02月号 vol.67

桜の名所、小石川の播磨坂にある河津桜がもうすぐ満開になりそうです。早咲きで...

2021年01月号 vol.66

あっという間にお正月が終わり、1月8日に緊急事態宣言の発令と、2021年も...