JIBUNマガジン 文京区

2024年05月号 vol.106

「コミュニティー」に関連する記事

朝はコッペパン、夜はピザ、介護職は1杯無料。。。ユニークなカフェ&バー「ケアギルドトーキョー」プレオープン

ちょっと大人な雰囲気のカフェ。ドアの脇のウインドーにはお惣菜コッペパンが並ぶ。文京区弥生、東大から根津へ下りる言問通り沿いにプレオープンした「ケアギルドトーキョー(文京区弥生2-…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2024年04月号 vol.105

全員が主催者。地域デビューの一歩に。「思い出横丁in傳通院」大盛況

伝通院の境内が人、人、人。。。焼きそばやかき氷販売あり、メダカすくいあり、本堂前の石畳は「ステージ」となり、ダンスあり、音楽あり。「お祭りづくり」を地域のみんなで楽しもうという「…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年09月号 vol.98

まちを「なおす」感覚で、元印刷工場をアトリエに/日露建築家ユニットKASAの事務所兼オープンスペース改修進行中

「建築設計事務所が引越してきます。只今、改修準備中。」こんな張り紙が、古びた建物の窓に。中はがらんとしていて、ヘルメットをかぶって何やら作業をしている様子が丸見え。なんだろうここ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年10月号 vol.75

みんながつながる多世代の居場所「ワークスペースさきちゃんち」がオープン

誰もが地域とゆるやかなつながりを持つことができる場をめざし、小石川植物園正門前近くの白山2丁目に「ワークスペースさきちゃんち」がオープンした。製本関係の工場だったスペースを改装し…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年10月号 vol.75

ハロウィンの日、HONGO22515が木質化で生まれ変わった

10月31日、ハロウィンのこの日、"HONGO22515"ーー壱岐坂上の手前を左に入った裏道にあるコミュニティスペース。一部の界隈では"タケガタハウス"の名前で知られている――は…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年11月号 vol.64

元お米屋さんが地域の居場所に/昭和の色濃い「こびなたぼっこ※」

「三河屋酒店」の隣に、「茗荷谷米穀販売所」という看板が掲げられた建物。まるでサザエさんの世界に紛れ込んだような昭和的たたずまいだ。ガラスの引き戸を開けると、焦げ茶色の古い木材を使…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年10月号 vol.63

空き店舗改修で地域に居場所/町会や企業と共に「氷川下つゆくさ荘」

千川通り、東京健生病院の向かいに、多世代の居場所「氷川下つゆくさ荘(千石3-3-7)」が誕生した。看板の骨組みがそのままだし、2階は「平和荘」というアパートだし、見るからに、古い…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年10月号 vol.63

千駄木の未来を子どもたちが映像で表現/小学生から高校生へ、NPOアフタースクールが企画

「物語は不連続なほどおもしろい」と、映画づくりの巨匠が言ったらしい。「めちゃくちゃなものを1つにつなぐとドラマティックなものにできるよ」と、映像制作会社イグジットフィルム代表取締…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年11月号 vol.52

食べて、遊んで、ベンチやテーブルで「憩える!」/藍染大通りの「あいそめ市2019春」12日開催

春真っ盛りの今は、「つつじまつり」で賑わう根津神社。その表参道である藍染大通りは、毎週日曜、歩行者天国となり、子どもたちの遊び場として賑わっている。9月の根津神社例大祭を始め、一…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年05月号 vol.46

面白いヒト・コトを集め新たな創造を/コワーキングスペース我楽田長屋、入居者募集中

地域から新たに「面白い価値」と「ファンづくり」をプロデュースしてきた我楽田工房(文京区関口1丁目)では、隣接するコワーキングスペース「我楽田長屋」の入居者を募集中だ。多才なスキル…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年05月号 vol.46

ご近所で夕飯シェア「隣で晩ごはん」を試行/慶応大大学院生ママが研究開発中

保育園に子どもを迎えに行った帰り道にご近所で晩ごはんを食べられたら。そこに多世代が集って楽しく会話できたら――そんなことを考え、文京区在住の佐竹麗さんが、「隣で晩ごはん」というサ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年02月号 vol.43

新しいことを始めたい人にぴったり/高齢者らをサポートする生活支援員

ご存知ですか?生活支援員。生活支援員は、判断能力が十分でない高齢の方や障害のある方などを対象に、福祉サービスの利用援助や日常的金銭管理などのサポートを行う人のこと。そういった制度…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年11月号 vol.40

面白い人と出会い、新しい社会へ/「文京区でまってる!」今川智広さんに聞く

9月14日(土)、文京区千駄木のサクラホテルで、第1回「文京区でまってる!」が開催された。「文京区でまってる!」は、ひとつのテーマを元に、文京区に縁のあるゲストを招き交流するイベ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年10月号 vol.39

特選!ご近所 茗荷谷界隈/私を見つけてね!モーモー広場

茗荷谷界隈から離れています。マールツァイトの白井さんに教えていただいた巨大な牛の像があると言う「モーモー広場」。台風が近づく中、探しに行ってみました。 実はこれが2回目。1回目…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年10月号 vol.39

【イベント予告】トークアラカワ第二弾!田端と尾久の面白人が集合!8/25(土)

荒川区周辺で活動している面白い人が集まる交流イベント、「talk ARAKAWA」が8月25日14時から、荒川区町屋の TOKYO L.O.C.A.LLOUNGE(株式会社ROO…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年08月号 vol.37

地域の人が共有するリビング。高島平団地の「地域リビングプラスワン」が5周年

「♪上をむ~いて、歩こうよ……」。熟年ユニット「ジャストフレンズ」のギターに合わせ、歌声が響く。赤ちゃんからお年寄りまで、外国の方もいれば、認知症の方もいる。世代や国籍を超えてま…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年07月号 vol.36

都市の日常に作り出したナチュラルな時間と空間/「ロバの音楽座~愉快なコンサート~」

かすかな風が大きなテントの白い布をふんわり膨らませながら、過ぎてゆく。2018年5月の土曜日の午後、文京区向丘の光源寺の芝生に、200人近い観客が集まってコンサートは始まった。フ…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2018年06月号 vol.35

特選!ご近所茗荷谷界隈/賑わう酒場の店主は・・・

共同印刷から千川通りを後楽園方面へ向かって信号3つ目。 左へ曲がって井上牛肉店の少し手前にあるのが2016年3月にオープンしたBIGDADDY酒場「かぶきうぃずふぁみりぃ」。 …

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年06月号 vol.35

【イベント報告】銭湯の外でも富士山が!「ペンキ絵ライブ」藍染大通りで開催

銭湯といえば富士山のペンキ絵。ということを知る人も少なくなっているのではないだろうか。銭湯はいまや絶滅危惧業種となりつつあり、東京都内では10年前の837軒から508軒へと激減中…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年04月号 vol.33

【まち】まちの資源を活用し、出会いをつなぐ――東洋大とコラボで文京区民らが子どものまちあそびについて考えた

子どもの声が騒音とされたり、ボール遊びができない公園ばかりだったり。子どもたちはどこで遊べばよいのか?――そんな問題意識のもと、「子どもの『まちあそび』を考える」というテーマで第…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年11月号 vol.28

バックナンバー(もっと見る)

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…