JIBUNマガジン

2021年06月号 vol.71

特選!ご近所 茗荷谷界隈/竹早高の歴史見つめる老舗、パン・ドゥ・ルパ(旧 藤森パン)

2021年06月15日 11:10 by Takako-Oikawa

明治43年(1920年)創業の界隈一の老舗のパン屋さんです。

春日通を挟んだ向かいに「東京府立第二高等女学校(現 都立竹早高等学校)」が設立されたのが明治32年(1899年)。この第二高女へ通う生徒さんに向けて初代の店主が開店しました。
「今でこそどこでもパンを買えますが、まだパン屋さんが少なかったのです。また、学校のそばにはパン屋さんがつきものでした。」と語るのは四代目の藤森店主。

以来110年余り、現在の店名はパン・ドゥ・ルパ(Pan de repas)ですが、以前は「藤森パン」。「竹早の生徒さんだったかたが藤森パンの名前を思い出して訪ねてくださるかたもいらっしゃいます」。

お店のたたずまいはどちらかといえば今時の華やかさはなく、たいへん地味な印象ですが、ケースの中を見れば「只者では無い」パン屋さんだとわかります。

続きはこちら

※この記事は「ご近所 茗荷谷界隈」に掲載されたものです。

 

関連記事

特選!ご近所 茗荷谷界隈/冨坂上バス停前、こだわりのパン店IENA

2021年08月号 vol.73

特選!茗荷谷界隈/日々のくらしのなかで有ると良い品「生活雑貨の店 hibi(ヒビ)」

2021年07月号 vol.72

特選!ご近所 茗荷谷界隈/江戸木版画の摺師で版元、安政年間創業の高橋工房

2021年05月号 vol.70

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.74

コロナ禍が収まらない。秋のイベントも中止が相次ぐ。そんな中でも、マスクをし...

2021年08月号 vol.73

8月も半ばなのに、「梅雨末期のような雨」が降っています。先取りして秋雨かと...

2021年07月号 vol.72

梅雨がほぼ明けました。例年、梅雨末期に豪雨による水害が起きています。201...