JIBUNマガジン 文京区

2022年11月号 vol.88

「銭湯」に関連する記事

銭湯山車が帰って来た!/区内を巡行、「水出し」イベント16日に藍染大通りで

昨夏に文京区や近隣区に現れた「銭湯山車」。今年も文京区内で「銭湯山車巡行」が開催された。16日(日)には銭湯山車を展示し、カランやシャワーヘッドから水を出し、銭湯を「体験」しても…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年10月号 vol.87

楽しくポップに銭湯山車が行く/廃業銭湯の物品で再構成、良さを祭りで語り継ぐ

残暑のなか、風変わりな山車が東大赤門前や菊坂の伊勢屋質店前を通り、文京シビックセンターへと練り歩いた。唐破風(からはふ)の屋根に、番台。側面はタイル張りに鏡やカラン、シャワーヘッ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年09月号 vol.74

【イベント報告】銭湯の外でも富士山が!「ペンキ絵ライブ」藍染大通りで開催

銭湯といえば富士山のペンキ絵。ということを知る人も少なくなっているのではないだろうか。銭湯はいまや絶滅危惧業種となりつつあり、東京都内では10年前の837軒から508軒へと激減中…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年04月号 vol.33

【JIBUNテレビ】ペンキ絵ライブライブ!

「銭湯の外でも富士山が! ペンキ絵ライブ藍染大通りで開催」の記事で紹介したペンキ絵師・丸山清人さんによる富士山のペンキ絵ライブの一部をライブ!何も描いていない板から、2時間半ほど…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年04月号 vol.33

文京区の名坂/菊坂エリア(菊坂・鐙坂・炭団坂)−動く古写真−

文京区本郷の菊坂は下町情緒と数々の文豪の香りが漂うエリア。文豪のひとり、樋口一葉の旧居跡が菊坂下道にあります。 菊坂下道には、東大下水(ひがしおおげすい)という下水が流れていま…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年12月号 vol.29

【面白人】この男、銭湯界にイノベーションを起こすのか!?大黒湯・岡嶋登氏と文京浴場組合の取り組みを大公開!

先日レポートした大黒湯の記事をお読みいただき誠にありがとうございます。え、読んでない? とても特色のある銭湯なので、ここからぜひお読みくださいね。 前回は茗荷谷の大黒湯の情報を…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年04月号 vol.21

【まち】八角形の窓がかっこいい!茗荷谷の大黒湯さんへ行ってきた。

たまに暖かい日もあるもののまだまだ寒い日が続きますね。寒さが苦手なのでこういうときこそ銭湯っていいよなあとしみじみ感じます。というわけで、今回は東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅から徒…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年03月号 vol.20

【まち】廃業した銭湯「月の湯」の「遺品」を地域に披露/富士山のペンキ絵は富士市のミュージアムへ

廃業した目白台の銭湯「月の湯」の富士山のペンキ絵や鯉のタイル絵、本郷の「菊水湯」の看板などを展示した「銭湯でまちつなぎ~月の湯をしのび、銭湯の地域力について語り合おう」がこのほど…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年07月号 vol.12

【まち】消えゆく銭湯、まちの記憶を残したい/さようなら菊水湯プロジェクト

また一つ、まちの歴史を記憶にとどめる場所が失われる。文京区本郷・菊坂の老舗銭湯「菊水湯」。9月末で廃業した。4階建てのマンションになる予定だという。周辺は明治の作家・樋口一葉が暮…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2015年11月号 vol.4

バックナンバー(もっと見る)

2022年10月号 vol.87

3年ぶりのお祭りムードがあちこちに広がる。一箱古本市「千石ブックメルカード」、…

2022年09月号 vol.86

イベントの秋がいよいよ始まります。コロナ第7波もピークアウトしたようですし、コ…

2022年08月号 vol.85

コロナ第7波で感染者が過去最大となりつつも、行動制限のない夏休みやお盆は3年ぶ…