JIBUNマガジン 文京区

2022年11月号 vol.88

「市」に関連する記事

「ケ」の場に祭りを持ち込む/上野桜木の有形文化財・市田邸で演劇公演「ゴン太のクリスマス」

台東区上野桜木に、国登録有形文化財「市田邸」がある。東京芸術大学から道をはさんで向かい側にあたる。市田邸は、谷根千の地域ではよく知られている。有形文化財ではあるが、コロナ前は地域…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2022年11月号 vol.88

いろんな人との対話がだいご味。まち歩き、「売る」楽しみも/「千石ブックメルカード2022」に参加してみた

3年ぶりに千石地域で開かれた一箱古本市、千石ブックメルカード2022に10月9日、出店者として初めて参加した。ZINEワークショップで作り上げたJIBUNzine(ジブンジン)に…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年10月号 vol.87

悩まず作り始めてしまおう!/千石ブックメルカードで売るZINEワークショップに参加してみた③完

ついに最終回を迎えたZINE(ジン)ワークショップ。全3回通しで参加しているのは私ともう1人の学生さんだけか。毎回十数人でにぎわっているが、初回の人、2回目の人、3回目の人が入り…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年09月号 vol.86

オリジナルZINE(冊子)はできるのか!?/千石ブックメルカードで売るZINEワークショップに参加してみた②

今秋に3年ぶりに開かれる千石ブックメルカード(過去記事参照)のプレイベントとして開かれているZINE(冊子)作りのワークショップ。初回で刺激を受け、2回目も参加してみた。前回の参…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年08月号 vol.85

自分だけのZINE(冊子)を作って一箱古本市で売ろう!/ワークショップに参加してみた①

最近ひそかに流行しているというZINE(冊子)作りの講座があると聞き、さっそく参加することにした。3年ぶりに開催される「千石ブックメルカード」のプレイベントで、段ボール一箱に売り…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年07月号 vol.84

谷中の「旅するミシン店」で出あった手づくりの旅

JR日暮里駅西口を出て、谷中銀座の方へ降りていくと、通称初音のみち、朝倉彫塑館通りにぶつかる。そこを左折してまもなく、朝倉彫塑館があり、その隣に「旅するミシン店」はある。通るたび…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2022年02月号 vol.79

本場のさぬきうどんを手作りしませんか。1月11日午後1時11分、オンラインで開始!

1月11日は誰が名付けたか「うどんすだれの日」らしい。さぬきうどんの本場、香川県三豊市と文京区を結ぶ国内交流プロジェクトとして、2021年1月11日(月祝)午後1時11分から、「…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2020年12月号 vol.65

本をめぐるまち歩きで出会いを/千石ブックメルカード(一箱古本市)

「これが筋肉、これが背骨。だしを取るのにいいのは筋肉。おいしいよ。食べてみる?」「ううん」千石駅にほど近い「文京子育て不動産」の前で、子どもたちが熱心に小さな干し魚を解体しては絵…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年11月号 vol.52

あなたが主役!身近な地域でワクワクドキドキ学びあい/「東京山の上市民大学」始動

羽の模様も精巧なチョウチョ型のトレーシングペーパーを手のひらに乗せてみる。すると・・・羽が動いて丸まった。まるでチョウが飛び立とうとしているように!「紙と対話しているみたいでしょ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

知って乗ってまちを元気に/B-ぐる友の会

ビーグル犬のキャラクターが描かれ、子どもたちには「ワンワンバス」と親しまれている文京区のコミュニティバス「B-ぐる(ビーグル)」。このバスには、神出鬼没な専属の応援部隊がある。そ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年06月号 vol.47

護国寺骨董市/古道具やアティーク好きの穴場!名品に出会えるかも?

護国寺の境内で、毎月第2土曜日に開催される「骨董市」。有楽町線1番出口横の「仁王門」に「骨董市」のノボリが出ています。知っている人も多いのではないでしょうか。今日は「骨董市」の様…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年05月号 vol.46

朝顔しっとり、ほおずき赤らむ/夏の風物詩「文京朝顔・ほおずき市」

ウダルような暑さの中、夏の風物詩「文京朝顔・ほおずき市」が開かれた。文京朝顔・ほおずき市は、次の6つが会場だ。傳通院(朝顔市会場)源覚寺(ほおずき市会場)牛天神北野神社(大輪朝顔…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年08月号 vol.37

バックナンバー(もっと見る)

2022年10月号 vol.87

3年ぶりのお祭りムードがあちこちに広がる。一箱古本市「千石ブックメルカード」、…

2022年09月号 vol.86

イベントの秋がいよいよ始まります。コロナ第7波もピークアウトしたようですし、コ…

2022年08月号 vol.85

コロナ第7波で感染者が過去最大となりつつも、行動制限のない夏休みやお盆は3年ぶ…