JIBUNマガジン 文京区

2024年05月号 vol.106

「クラフトビール」に関連する記事

クラフトビールめぐり⑧「ビール天国」ポートランドで知った「文化」を地元にも/茗荷谷のWEDGE

アメリカ・ポートランドは「ビール天国」だそうだ。マイクロブルワリー(小規模醸造所)が街中にたくさんあるという。1人でしっぽり飲むもよし。パソコンで仕事しながらでも、みんなでわいわ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2024年03月号 vol.104

クラフトビールめぐり⑦本郷菊坂町かもす/手作りビール店をまちの豆腐屋さんみたいにあちこちに

「おいしいビールを片手にみんなでわいわい。そんな場がまちのあちこちにあれば。まちのお豆腐屋さんみたいに」。本郷通りから菊坂へ入ってすぐのところにあるクラフトビール店「本郷菊坂町か…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2024年02月号 vol.103

クラフトビールめぐり⑥文京区→島根県益田市Iターン女性が挑戦、高津川リバービア

文京区から島根県益田市に移住し、クラフトビールを作り始めた女性がいる。上床(うわとこ)絵理さん。福岡市出身で、大学卒業後、文京区に住み、会計検査院に勤務する国家公務員だった。8月…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年09月号 vol.98

クラフトビールめぐり⑤こまごめビールでまちに活気を!ソメイヨシノ発祥の地から、桜にちなんだクラフトビールを企画発売、23日から六義園でも飲める!

コロナ禍で元気がなくなったまちをどう盛り上げていけばよいか?――そんな問いを続けていた駒込周辺の住民有志が2020年、「こまごめビールプロジェクト」を立ち上げた。実際の醸造は委託…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2023年03月号 vol.92

クラフトビールめぐり④9年目に突入!古民家ビアバー、2階でイベントも/十条すいけんブルワリー

すっかり寒くなった。ビールの季節ではないかもしれないが、クラフトビールは味わい深いし、冬でもいける。秋はイベント出展でどの醸造所も忙しいらしく、なかなか取材に行けなかった。2カ月…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年12月号 vol.89

クラフトビールめぐり③飲んでブルワーの思いを汲み取ろう!お店に行けば語ってくれる/新月ビアが飲める牛込ビール館

ビールが入ったグラスが牛の顔に見える。牛込神楽坂から徒歩3分ぐらいのところにある「牛込ビール館」のロゴがかわいくて、一緒に飲みに来た熟年女子は「わー、かわいー」と思わず歓声をあげ…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年09月号 vol.86

クラフトビールめぐり②ビールで地産地消をめざす!?駒込の「日ノモトブルーイング&ビアスタンド」

駒込にクラフトビール醸造所兼ビアスタンドがあると聞き、さっそく出かけた。六義園に近い住宅街のマンションの1階にあり、道路の向こうは豊島区駒込という区界の立地だ。まだ醸造は始めてお…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年08月号 vol.85

クラフトビールめぐり①/荒川区初のブルワリーパブ「OKEI BREWERY NIPPORI」で激辛麻婆とフルーツスムージーが激突!?

夏といえばビール。そういえば、東京都内にはクラフトビールの小規模醸造所(マイクロブルワリー)が増え、併設のパブも増えているそうだ。クラフトビール飲み歩きをやろうと思いついたとき、…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年07月号 vol.84

文京区初のクラフトビールを飲んでみた!/ブリューイングパブ「クラフトビール グランズー」

4月のJIBUNマガジンで、桜で桃色に染まる神田川のほとりの3階建てのビール醸造所にて、文京初のクラフトビールで「まちづくり」をめざす「カンパイ!ブルーイング」の荒井祥郎さんの記…

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年09月号 vol.50

文京区初のクラフトビール誕生!ビールでまちづくりをめざす「カンパイ!ブルーイング」

文京区で醸造される文京区初のクラフトビール(地ビール)がまもなく誕生する(税法上は発泡酒区分)。満開の桜で桃色に染まる神田川のほとり。木の壁が目を引く細い3階建ての建物がビール醸…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年04月号 vol.45

バックナンバー(もっと見る)

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…

2024年02月号 vol.103

節分の豆まきは今年は4年ぶりというところが多かったようです。節分、立春といえど…