JIBUNマガジン

2019年11月号 vol.52

「いだてん」に関連する記事

走れ!いだてん/「アントワープの微笑み」

大正九年(1920年)五月十四日、十三名の選手、役員二名の(庭球の二人と嘉納治五郎団長はアメリカで合流)オリンピック日本選手団はコレア丸(Korea丸)に乗り、横浜港を出港。...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年11月号 vol.52

走れ!いだてん/「八年ぶりの挑戦」

金栗四三と播磨屋の足袋職人・黒坂辛作は二人三脚でマラソン用足袋の研究開発をすすめ、ゴム底、靴ヒモの画期的な足袋を完成させます。大正八年(1919年)八月、金栗四三は秋葉裕之と...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年10月号 vol.51

走れ!いだてん/「箱根駅伝はじまり物語」

大手町・読売新聞東京本社前には「絆」像と箱根駅伝歴代優勝校のパネル。大正九年・第一回大会の優勝は金栗四三の母校・東京高等師範学校。ここには数々のドラマが秘められています。 雑...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年09月号 vol.50

走れ!いだてん/「ハリマヤの涙、金栗の笑顔」

ベルリン・オリンピックの中止が決まり、大正五年(1916年)五月、金栗四三は熊本県菊池で徴兵検査を受けます。結果は第一乙種で兵役免除、軍隊入りは見送りとなります。誰が見ても頑...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年08月号 vol.49

走れ!いだてん/金栗四三「消えたベルリンへの道」

ストックホルム・オリンピック後、嘉納治五郎は、落ち込む二選手にこう声をかけます。「みんな落胆してはいけない。私自身、君たちに勝って貰いたいとはツユほども思っていなかったし、結...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年07月号 vol.48

走れ!いだてん/金栗四三「ストックホルムの死闘」

播磨屋の足袋職人・黒坂辛作は底を二重に補強した足袋二十足を、金栗四三に持たせます。 「播磨屋の足袋でオリンピックに負けたなんてぇ言われたら困るからなあ」 後援会、仲間たちが奔...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年06月号 vol.47

走れ!いだてん/金栗四三「マラソン足袋の第一歩、黎明の鐘」

黒坂辛作は明治十四年(1881年)の兵庫生まれ。足袋作りの修行をして二十一歳の時、東京で一旗揚げようと上京。明治三十五年(1902年)小石川区大塚仲町十番地に足袋店を開業。屋...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年05月号 vol.46

走れ!いだてん/金栗四三「驚異の世界新記録!オリンピック予選会」

東京羽田国際空港。かつてここで陸上の世界記録が生まれたなどとは、誰も信じることが出来ないでしょう。 羽田競技場明治四十四(1911年)嘉納治五郎は大日本体育協会を組織し、第5...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年04月号 vol.45

走れ!いだてん/金栗四三「徒歩部時代」

体育を奨励する東京高等師範学校(現・筑波大学)の運動会は絵葉書が印刷されるほど、スポーツを楽しむことなど知らなかった明治の人にとって、運動会は珍しいものでした。校長・嘉納治五...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年03月号 vol.44

文京区の名坂/走れ!いだてん/金栗四三のランニングコース「御茶ノ水〜大塚」

明治四十三年(1910年)十九才の金栗四三は東京高等師範学校(現・筑波大学)に入学します。この頃、嘉納治五郎が校長をつとめる東京高等師範学校は大塚窪町(現・文京区大塚三丁目)...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年02月号 vol.43

バックナンバー(もっと見る)

2019年10月号 vol.51

暑さ寒さも彼岸まで、のはずが、10月に入っても気温が高い日が続いています。...

2019年09月号 vol.50

おかげさまでJIBUNマガジンも創刊4年、50号を迎えました。読み手も書き...

2019年08月号 vol.49

灼熱の夏です。日中「危険」な暑さが続いています。暑さ指数が31「危険」を超...