JIBUNマガジン 文京区

2022年10月号 vol.87

記事タイトル一覧

銭湯山車が帰って来た!/区内を巡行、「水出し」イベント16日に藍染大通りで

記事テーマ:まち

昨夏に文京区や近隣区に現れた「銭湯山車」。今年も文京区内で「銭湯山車巡行」が開催された。16日(日)には銭湯山車を展示し、カランやシャワーヘッドから水を出し、銭湯を「体験」してもらうイベントを根津・藍染大通りで開く。銭湯山車は、文京建築会ユースのメンバーや建…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

いろんな人との対話がだいご味。まち歩き、「売る」楽しみも/「千石ブックメルカード2022」に参加してみた

記事テーマ:まち

3年ぶりに千石地域で開かれた一箱古本市、千石ブックメルカード2022に10月9日、出店者として初めて参加した。ZINEワークショップで作り上げたJIBUNzine(ジブンジン)に対する反応と販売が目的の一つ。しかし出店のだいご味は訪れるさまざまな人との対話で…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

ただの空き地が想像力わく自由な空間に/谷中の「貸はらっぱ音地(ondi)」牧住敏幸さんに聞く

記事テーマ:ひと

「ただの空き地に名前をつけたことによって、それはもうただの空き地ではなく、みんなの想像力がわく自由な空間となりました」。建築家、牧住敏幸さんは、谷中の墓地沿いの高台にある自身の土地を「貸はらっぱ音地(ondi=おんぢ)」と名付けた。牧住さんは、2006年当時…

inaba_yoko inaba_yoko

OSAGARI絵本のよりみちにっき/心があったかくなるもの

記事テーマ:OSAGARI絵本のよりみちにっき

目白台のあたりをゆっくり自転車で通り過ぎると、ふわ~んと、あのなんともいえない香りが。銀杏の季節です。息子が小学校に上がる前、この近くの運動公園で日が暮れるまで遊んだことを思い出します。夕日が見えたらお友達と別れがたくなって、親たちが早く帰ろうよと促している…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈/千石の一軒家、加島典子芸術記念館

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

長い間、この界隈を歩いて一通り分かっているつもりでいましたが、とんでもありませんでした。簸川神社を氷川坂へ向かう路地の一画にあるのが「加島典子芸術記念館」。散歩の途中、偶然一軒の家に掲げられた小さな表示板に気がつきました。開館時間や入場料金はこれも小さく手書…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

(東京坂道ゆるラン)鎌倉街道を行く3 関所があった宿坂(豊島区後編)

記事テーマ:東京坂道ゆるラン

頼朝伝説と堀部安兵衛の新宿区早稲田、太田道灌の面影橋、砦のような造りの寺社など、遠い昔の古鎌倉街道に想いを寄せ、観てきましたが、ここ金乗院前も街道色の濃い地であり、深い歴史に彩られています。宿坂(江戸名所図会より)。残念ながら観音堂は今はない。宿坂 中世の頃…

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2023年01月号 vol.90

お正月気分も終わり、2023年が本格的に始動。冬らしい寒波が繰り返し襲ってきて…

2022年12月号 vol.89

あれ、街路樹に椿?と思ったら、どうやら山茶花(さざんか)らしい。「さざんかさざ…

2022年11月号 vol.88

木々が紅葉しはじめ、秋らしくなりました。小石川植物園では、受付の「ご自由にお持…