JIBUNマガジン 文京区

2022年04月号 vol.81

東京坂道ゆるラン

名曲の坂道「桜坂」(東京坂道ゆるラン)

そもそも桜、ソメイヨシノが一般化したのは明治期のこと。なので桜坂という名の坂道は比較的新しいものです。 東京には桜坂がいくつかあります。いずれも景観を保つために街路に桜を植え、…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

他の号の記事

(東京坂道ゆるラン)頼朝伝説、堀部安兵衛の鎌倉街道を行く1(新宿区編)

お江戸東京は家康入府以来、開発されていったわけで、それ以前は坂東武者が闊歩する荒野や沼地が拡がっていました。それらは開墾され、埋め立てられ、新しい道が開削されていきます。故に、古…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年07月号 vol.84

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)不忍池はなぜ秋田蘭画に描かれたのか?

秋田蘭画とは、秋田久保田藩の人々か描いた西洋風絵画のこと。秋田蘭画の成立には江戸中期の本草学者、江戸のダ・ビンチと云われた万能の奇才・平賀源内が大きく関わっています。 小野田直武…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2022年05月号 vol.82

古地図で辿る大久保利通、最期のルート「紀尾井坂の変」(東京坂道ゆるラン)

明治初期の地図を眺めていて、ふと、目に入った「大久保邸」。 明治維新立役者の一人、内務卿・大久保利通邸は、潮見坂、三年坂を登りきった辺り、三年町裏霞が関にありました。古地図:明…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年12月号 vol.77

秋葉原の大きな勘違いー地名の由来は鎮火社?(東京坂道ゆるラン)

神田佐久間町は江戸でも有数の火事多発地帯で江戸っ子たちは「神田あくま町」と揶揄するほど。 明治維新直後の明治ニ年(1869年)ここで発生した外神田大火は約1100戸を焼いてしま…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年11月号 vol.76

元帥騎馬像跡の平和の群像(東京坂道ゆるラン)

皇居のお堀端につづく東京屈指の美しい坂「三宅坂」。ここで目を引く銅像が、最高裁判所を背にして建つ菊池一雄作の「平和の群像」です。三人の裸婦像はそれぞれ「愛情」「理性」「意欲」を表…

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年10月号 vol.75

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.85

コロナ第7波で感染者が過去最大となりつつも、行動制限のない夏休みやお盆は3年ぶ…

2022年07月号 vol.84

観測史上最速と言われた梅雨明け(6/27)から3週間。酷暑から一転、梅雨に逆戻…

2022年06月号 vol.83

6月、梅雨といえば、アジサイ。まちかどで雨露にしっとり濡れたアジサイが美しい。…