JIBUNマガジン

2020年05月号 vol.58

記事タイトル一覧

新型コロナのまちウオッチ(まちかど編)

記事テーマ:まち

まちを歩いていて、明らかにかつてと変わったのは、ほぼ全員がマスクを着けていることだ。ハチ公も着けているらしいし、南千住警察署前の鬼のキャラクターもマスクを着けている。そして、間隔を空けて列に並ぶことも習慣化したように思う。密集を避けるための入場制限も。ス...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

新型コロナのまちウオッチ(物流・交通編)

記事テーマ:まち

新型コロナのまちウオッチ。緊急事態宣言真っただ中の5月上旬はステイホーム浸透で本当にまちからモノや人が消えた。JR池袋駅も西武百貨店もガラガラ。新幹線も乗車率ゼロ?。少なくともこの車両はそうなのかも。掃除中とかでなく。都営三田線車内もガラガラ。高速道路も...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

おうちを劇場に!「人形劇団ののはな」納富俊郎さんのオリジナル人形を作って公演しよう

記事テーマ:ひと

「人形劇団ののはな」は、「好奇心が旺盛で、行動力がある、子どもらしい子ども時代を、生き生きと生きてもらいたい。そんな子どもたちのために人形劇をしていこうと思います」(劇団のホームページより)という目的を掲げ、納富俊郎(のうどみとしろう)さんと妻の祥子さん...

inaba_yoko inaba_yoko

前代未聞、ガラガラドームを歩いてみた。

記事テーマ:まち

人が、いない。普段ならまっすぐ歩くのが困難な東京ドームシティ。イベントは中止、ショップも遊園地も当面営業休止で、ゴールデンウィーク真っただ中でも人影が消えた。人がいないドームなんて、前代未聞だ。東京ドームならぬ、ガラガラドームを歩いてみた。会う人はランニ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

文京三中のゆるキャラ「サンバちゃん」着ぐるみデビュー

記事テーマ:まち

文京区立第三中学校の生徒会がデザインしてつくったゆるキャラ「サンバちゃん」の着ぐるみが、2020年春の卒業式のあと、デビューした。新型コロナウィルスの影響で式はささやかに開かれたが、式終了後の会合のなかでサンバちゃんと、姉妹キャラのメイプルちゃんがお披露...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)赤ひげの小石川養生所

記事テーマ:文京区の名坂

享保七年(1722年)一月二十一日、和田倉門外、辰ノ口の評定所前に設置された目安箱に訴状を投げ込む一人の男がいます。享保御江戸図より御評定所。 目安箱と吉宗公。八代将軍吉宗公は数ある訴状を吟味するうちに施薬院設置に関する訴状に目を見張り、御用取次・有馬氏...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2020年10月号 vol.63

今月は1日が十五夜、29日は十三夜と、お月見月間です。芋、栗、柿、リンゴ、...

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...