JIBUNマガジン 文京区

2018年03月号 vol.32

まち

【ひと】谷根千はそれぞれがビジョンを持って活動している「共有都市」?/2017ソウル都市建築ビエンナーレに出展した学生さんに聞いてみた

韓国初のグローバル学術・展示会である「2017ソウル都市建築ビエンナーレ」が、韓国のトニムン(敦義門)博物館村、トムデムン(東大門)デザインプラザ(DDP)をはじめ、ソウル各...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko

他の号の記事

これはチョコか?フルーツか?菓子機械会社とコラボ、製造工程が見られる「メレ・ド・ショコラ」オープン

イチゴ、バナナ、キウイ。一口食べると、香りも酸味もフルーツそのもの。でも口の中で濃厚な舌触りのチョコレートに変化。これはチョコか? フルーツか?ハテナマークが頭にぐるぐる。フ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年11月号 vol.76

まちかどへ、芸術の旅①/上野の博物館と谷中を往復し体感「丸井金猊⇔法隆寺と聖林寺」展

有名な美術館、身近なギャラリーやアトリエ。展覧会といえば、公園などの野外も含め「ある」固定された場所に作品が展示されている、と思っていた。ところが、「芸工展2021」では、開...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年11月号 vol.76

まちかどへ、芸術の旅②石垣で等身大の作品がポーズ。子どもアートワークショップ2021年

10月24日(日)、谷中二丁目、あかぢ坂の石垣に、子どもたちが描いた等身大の作品が並んだ。作品たちはみな、まるで生きているように大胆なポーズを取り、青空に映えて立っている。等...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年11月号 vol.76

【シネマチュプキ】田端の文化遺産として、何があってもこの場所を残す-代表・平塚千穂子さんインタビュー(TABATIME記事)

※この記事は田端本のクラウドファンディング企画のリターンとして取材をさせて頂いたものを掲載しております。 "―――風が吹けば、枯葉が落ちる。―――枯葉が落ちれば、土が肥える。...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年11月号 vol.76

まちを「なおす」感覚で、元印刷工場をアトリエに/日露建築家ユニットKASAの事務所兼オープンスペース改修進行中

「建築設計事務所が引越してきます。只今、改修準備中。」こんな張り紙が、古びた建物の窓に。中はがらんとしていて、ヘルメットをかぶって何やら作業をしている様子が丸見え。なんだろう...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年10月号 vol.75

他区にも越境。沿線の見どころはディープな「beople」で/B-ぐる本郷・湯島ルート運行開始

小石川の低地に住み、電気の力を借りない「脚力自転車」で文京区内を走り回っているので、本郷・お茶の水方面はお茶の水坂、壱岐坂、真砂坂が行く手を阻む。そこに朗報。B―ぐる本郷・湯...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年10月号 vol.75

みんながつながる多世代の居場所「ワークスペースさきちゃんち」がオープン

誰もが地域とゆるやかなつながりを持つことができる場をめざし、小石川植物園正門前近くの白山2丁目に「ワークスペースさきちゃんち」がオープンした。製本関係の工場だったスペースを改...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年10月号 vol.75

「ママ友」が始めて四半世紀。「谷根千」という地域雑誌がまちにもたらしたものは

「谷根千(やねせん)」94冊、「空(KUU=くう)」93冊、「MITAMIYO!!」に「beople」、茗荷谷界隈の「パンとスイーツマップ」も。文京区内で発行された地域情報誌...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年09月号 vol.74

区民ボランティアが自宅療養者へ買い物代行/「文京マルキュー応援団」活動開始

いつどこで誰が新型コロナウィルスに感染するかわからない状況が続いている。陽性になったり、濃厚接触者になったりして、突然自宅療養や自宅待機になったら買い物をどうしよう・・・。そ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年09月号 vol.74

地域誌「空(KUU)」15年の歴史に幕/発行人の鳥井孝次さん悼み全号展示企画

小石川、本郷、白山エリアのお店や会社などに無料配布されてきた地域誌「空(KUU)」の第93号(2021年7月号)がこのほど刊行された。全30ページで、寄稿を中心に文京区のふる...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年08月号 vol.73

古本×多肉植物とおしゃべりできるカフェ/弥生坂 緑の本棚

文京区の町名変更があった昭和40年ごろ、「弥生町」の町名が根津に変わるというので、住民が反対して、「弥生」という町の名前を残した。当時話題になり、詳しくはないが記憶している。...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年07月号 vol.72

ご近所さんの訪問で育児の悩みを軽減/豊島区のホームスタートわくわく

子育ての悩みを分かち合える人や、ちょっとした情報や言葉がけがあれば、子育ての負担は軽くなるのに――。そんな風に思ったことはないだろうか。ご近所の子育ての先輩が訪問し、子育て中...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年07月号 vol.72

日替わり出店のバーテンダー、キャリアに出合う場で人をつなぐ/町屋の「あらあむスタンドバー」朝日よし美さん

小竹橋通り沿い、町屋8丁目の、「あらあむスタンドバー」。昼間のバーと聞いて「おもしろそう」と、知人に連れていってもらったのは3月。店の前の歩道には人だかりが出来ていて、お客さ...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年06月号 vol.71

バラも美しいけど水道の歴史も面白い/本郷給水所公苑

歩道橋のような階段を上っていくと、そこは別世界だった。バラの花が咲き乱れ、遊具があり、林があり、池がある。周囲を高い柵で囲まれた本郷2丁目の本郷給水所公苑は、階段を上らないと...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年06月号 vol.71

新型コロナのまちウオッチ・リターンズ/1年前と比較してみた

1年前、初めての緊急事態宣言期間中の5月3日12時45分ごろ、東京ドームシティを歩いてみた。ひとっこ一人いないまちにびっくりして、ガラガラドームと名付けた。1年後、残念ながら...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年05月号 vol.70

新型コロナのまちウオッチ・リターンズ(公園・屋外編)近場の公園生き生き

緊急事態宣言で、遠出はできないし、外食もできないし、お買い物もできないし。公園はどうかなと思い、公園めぐりをしてみた。子どもから高齢者まで、幅広い層が集っていた。まずはお隣荒...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年05月号 vol.70

屋敷森なんてもんじゃない!江戸時代の自然そのまま「千駄木ふれあいの杜」

「〇〇の森公園」「〇〇自然公園」と呼ばれる公園はたくさんある。たいていは大木や草花が多く、小路が整備された快適な空間だ。「千駄木ふれあいの杜(もり)」というので、都心のオアシ...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年05月号 vol.70

牡丹とシイと力士に会いに/望湖山玉林寺

根津駅近くのお寺の庭から谷中方面を眺めると、こんもりとした玉林寺の緑が目に入る。地図でみると台東区は23区の中で一番緑色が占める割合が高い。動物園や上野公園、谷中墓地もあるが...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年04月号 vol.69

3度の花見が楽しめる清和公園。一葉も訪れた右京山、大正時代の住宅地の名残も

坂が多い文京区。公園も傾斜地にあるケースが多い。文京区の中心地ともいえる後楽園・春日地区にありながら、緑豊かで閑静な住宅街の中にある清和公園は、崖のようなところ、というか、山...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2021年04月号 vol.69

ちいさい春を見つける散歩/谷中~上野、小石川~春日

諏訪台を抜けて上野公園へサトウハチローが自宅のハゼノキにちいさい秋をみつけたように、一軒家や小さいアパートの桜を見つけようと歩いた。でも桜は毛虫がたかることで知られていて、こ...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2021年03月号 vol.68

バックナンバー(もっと見る)

2021年11月号 vol.76

しばらくコロナ感染者数が底を打っているようで、まちに活気が戻りつつあります...

2021年10月号 vol.75

コロナの感染者が急減しました。今回は第何波でしたっけ? たくさんの波が来た...

2021年09月号 vol.74

コロナ禍が収まらない。秋のイベントも中止が相次ぐ。そんな中でも、マスクをし...