JIBUNマガジン

2017年06月号 vol.23

まち

【まち】ご縁をつなぐ場「東京ENGAWA」オープン/古いビルをリノベして活用

白山通りと春日通りが交差する春日町交差点のそばにある4階建てのビル。屋上からは文京シビックセンターや東京ドームシティ―のジェットコースターが望める。このビルがこのほど、人と人...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち】1000人の夢のシェアハウス(!?)が千石に誕生!商店街のビル2階に「千石たまご荘」

千石駅徒歩5分ほど、千石本町通り商店街にあるガラス張りのビル2階。絵本が並び、キッズテントがうっすら見える。ここが「1000人の夢のシェアハウス」を掲げる「千石たまご荘」だ。...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち】「こまじいのうち」の子育て版、「こまぴよのおうち」が隣の空き家にオープン/本駒込の子育て応援の拠点に

「駒込のじいちゃんち」こと「こまじいのうち」は、空き家を活用し、近隣の町会が運営を担う多世代交流の場だが、その隣の空き家だった民家を改装し、子育てひろば「こまぴよのおうち」が...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

他の号の記事

【イベント案内】「このまちにやく味あり」。まちじゅうが展覧会場、芸工展2017はじまる

「芸工展2017」がスタートした。開催中の大忙しのさなかとは知りながら会見をお願いした。なんとか時間を捻出していただくことができて、実行委員の渡真利紘一さんと村山節子さんから...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2017年10月号 vol.27

【まち】出会いとご縁を結ぶ場に。夫婦で営む宿泊施設GOENとスタジオLaughオープン

春日駅徒歩1分、文京区本郷4丁目に、新しい出会いとご縁を結ぶ場が誕生した。7月から稼働している簡易宿泊施設「GOEN innTokyo」と、貸スタジオ「StudioLaugh...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年10月号 vol.27

【まち】本郷のまちの記憶を継ぐ鳳明館本館/本郷のキオクを語り聞く会2017

震災や戦災をくぐりぬけた建物が多く残る文京区本郷。しかし1つ消え、2つ消え……とするうちに、まちの記憶も失われていく。2年前に老舗銭湯の菊水湯が廃業、解体されたことがきっかけ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年10月号 vol.27

【まち】安曇野の景色を光で表現/国営アルプスあづみの公園~堀金・穂高地区のサマーイルミネーション

今回のJIBUNマガジンの記事は、お盆や夏休みにそれぞれ旅行したところの見聞録でもよいとのこと。そこでFBの画像を見て気になっていた信州・安曇野の国営アルプスあづみの公園の「...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2017年09月号 vol.26

【まち】ハーモニカ学習が小学校から消えた理由とは?子どもたちと100年の歴史あるトンボ楽器製作所を訪ねてみた

質問。小学校の授業でハーモニカを習った方~。鍵盤ハーモニカだった人~。 あなたはどちらですか? 実はこれで年代がわかっちゃうんです。 ハーモニカはかつて、学校音楽教育の主役で...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年08月号 vol.25

【まち】「ぶんきょう学」で跡見女子大学生が成澤区長に政策提言!

「茗荷谷開発大作戦」「学生にとって文京区が魅力的なまちになるには?」「空きコマ、休み時間を充実させよう」・・・ユニークな内容のプレゼンテーションが次々と続く。跡見学園女子大学...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年08月号 vol.25

【イベント予告】13~16日、シビックセンター1階で「歓迎!本郷旅館街-100軒のおもてなしがつくったまち-」展

かつて、文京区本郷には100軒を超える旅館がひしめき合っていたという。残念ながら、いまは数えるほどしか残っていない。本郷旅館ホテル組合に加盟しているのはわずか5軒だ。しかし、...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年07月号 vol.24

【まち】こども向けからお年寄り向けまで、1つずつ丁寧に作るお弁当のお店 ~白山仲通り・はとや~

3月某日の昼下がり、文京区役所のある春日から白山の方向へ向かって白山通りの1本右側、通称「白山仲通り」を歩いておりますと、通りかかった原付から「どこいくの?」と声がかかります...

  いいね!   takegata takegata from 2017年04月号 vol.21

【まち・子ども】文京区の見どころを子どもたちが取材した!フリーペーパーMITAMIYO!!(みたみよ!!)完成

「創業何年ですか」「1カ月に来るお客さんの数は何人ですか」 子どもたちの質問に、文京区大塚の花店ラ・フルールの店主は丁寧に答えていた。「文京マガジンを作ろう」というワークショ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年04月号 vol.21

【まち・サークル紹介】触って読める地図や絵本、あります/文京区で活動、サークル・六点会

ザラザラの面、盛り上がった太い線、細い線。それぞれが公園や道路、線路などを表している。凹凸や手触りの違いで情報を伝える「触図」の技法で作られた地図だ。文京区内各地域がそろって...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年03月号 vol.20

【まち】八角形の窓がかっこいい!茗荷谷の大黒湯さんへ行ってきた。

たまに暖かい日もあるもののまだまだ寒い日が続きますね。寒さが苦手なのでこういうときこそ銭湯っていいよなあとしみじみ感じます。というわけで、今回は東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅か...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年03月号 vol.20

【まち】採れたて野菜で健康に、地方の農家を応援/小石川郵便局前のポストマルシェ、毎月15日開催

「種子島の安納芋です。こちらはすぐ食べられます。冷めた方がねっとり甘いですよ」 「まあ、おいしい!」 小石川郵便局の前でこんな会話が。ゆうちょや保険の宣伝の幟の前に、野菜がず...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年03月号 vol.20

【まち】高齢者と子どもを絵本でつなげる/りぷりんとフレンズ・文京

シニア世代による絵本の読み聞かせ 「文京区にはさまざまな子育てサークルがあって、たくさんの若い人が活動しているのですね!」――小さな子どもと、そのパパやママが集まったイベント...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年02月号 vol.19

【まち】ママが集う茶話会から、まちの人のつながりを育む「広場」へ/ツチノコ広場

「ツチノコ広場」は、子育て中のママたちが、子どもの預り合いから季節のイベントまで、「ご近所さんとつながろう」を合言葉に子育ての仲間づくりを目指す集まり。社会福祉協議会の「ふれ...

  いいね!   moshipapa moshipapa from 2017年02月号 vol.19

【まち】「子どもは地域のパスポート」を合言葉に/パパ主体の育児サークル「ワラビー」

文京区内には今、子育てサークルが次々と誕生している。1月29日に開かれた「まちの子育て交流ひろば」には乳幼児連れの世帯が続々と集まってきていた。その中の一つ「ワラビー」という...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年02月号 vol.19

【まち】フリースペースとして津和野と東京を結ぶ拠点に/小石川の津和野町東京事務所T-Spaceが再始動

文京区小石川2丁目にある島根県津和野町の東京事務所が2016年12月に改装を終え、地域に開かれたスペース「Tsuwano -T-Space」としてリニューアルオープンした。同...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2017年1月号 vol.18

【まち】家族みたいに食事をともにする「おたがいさま食堂せんごく」が開催30回目

「いただきま~す」。赤ちゃんも若者も、大きな家族みたいに食卓を囲む。12月2日18時から20時頃まで、文京区千石にある大原地域活動センターで、30回目となる「おたがいさま食堂...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年12月号 vol.17

【まち】子どもがのびのび創作、心が生み出す表現力を高める/アトリエこころね

2016年10月、文京区本駒込3丁目の富士神社向かいに、幼児から小学生向けのお絵かき教室「アトリエこころね」が開業した。絵を描くスキルを高めるためことを主目的にした絵画教室と...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年12月号 vol.17

【まち】新鮮で個性的な野菜を週替わり農家の産直で/毎週日曜日にはりまざかマルシェ

「小ぶりの白菜、いかがですか」「朝採りオクラですから、生で食べられますよ」。次から次へと来る客へ、野菜の種類や食べ方について、農家の人が解説する。毎週日曜日、文京区小石川の播...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年11月号 vol.16

【まち】秋の日差しの中で「ちょっといい普段」を楽しむ/第12回小石川マルシェ開催

「ちょっといい普段」をコンセプトにした第12回小石川マルシェが10月16日(日)、文京区小石川の源覚寺と、小石川すずらん通りの2カ所で開催された。  2011年から地元の...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2016年11月号 vol.16

バックナンバー(もっと見る)

2017年10月号 vol.27

芸術の秋。10月は谷根千地区で恒例の「芸工展」が開かれています。まちじゅう...

2017年09月号 vol.26

夏らしい日が少ないまま夏が過ぎ、日差しも秋めいてきました。 秋はお祭りシー...

2017年08月号 vol.25

JIBUNマガジンも2周年を迎えました。8月号はだいぶ遅れての発行となりま...