JIBUNマガジン

2017年02月号 vol.19

ひと

【ひと】「キッズスペースの中にある不動産屋」。子育てをする人のための居場所を作って千石に住みたい人を増やしたい!2児の父、高浜直樹さん

高浜直樹さんは文京区千石で約2年半前から「文京子育て不動産」という不動産屋を営んでいる。だが、普通の不動産屋ではない。キッズスペースがあるのだが、キッズスペースが併設された不...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa

他の号の記事

みらいを結ぶお買い物をしよう!Ethical House(エシカルハウス)鎌倉 御成町

天井がお花畑!! ドライフラワーで埋め尽くされた天井に扉を開けた瞬間、息をのみます。ここは8月5日にオープンしたEthical House(エシカルハウス)。お店があるのは観...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年09月号 vol.50

本郷から次世代へ、和太鼓の響きを伝えたい/太鼓奏者、関口範章さんに聞く

今から18年ほど前、上野公園の不忍池にある水上音楽堂で、「打究人(だくと)」という、若い太鼓奏者3人組の公演に取り組んだことがある。演奏スタイルや創作による曲目、ロックコンサ...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年09月号 vol.50

ジャズ聴きながら伝統を灯し続ける/江戸指物展示館「谷中木楽庵」

台東区のコミュニティバス「めぐりん」のバス停「谷中霊園入口」すぐの路地。まわりは緑地が多い場所だ。ここに、「江戸指物展示館谷中木楽庵」があり、多くの外国人観光客が訪れていると...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年08月号 vol.49

熱い演奏とトークで魅了/津軽三味線の山本大さんが千駄木でライブ

ピックを使って強弱をつける。静かなのにブルースのような情熱。津軽三味線演奏家、山本大さんは意外な即興演奏で勝負をかけてきた。 「津軽三味線は元々青森県の津軽地方で、目の見えな...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年07月号 vol.48

ロボット作りでプログラミングも科学技術もリーダーシップも/谷中テックアカデミー

小学校でも、プログラミングの授業が始まるそうだが、谷中でプログラミングの教室が2018年12月にスタートしたと聞いて、さっそく取材のお願いをした。お願いはしたものの、今あちこ...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年07月号 vol.48

ひとをワクワクさせる街の絵描きやさんになりたい/千石の絵画教室「ラフスタジオ」富永亜希子さん

大人も子どもも、絵画を通してワクワクできる世の中になれば。みんながもっと気軽に絵を描ける環境が整えられればーーこのような夢を抱き、文京区千石で絵画教室「ラフスタジオ」を開く、...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年06月号 vol.47

谷根千のまちを背景に作られた映画「下街ろまん」が大ブレイク!/監督、孫大輔さんに聞く

1人の青年がうつ病にかかるが、まちの人々、まちの風物など、まちが持つ力によって1年後には元気になっていく……それが映画「下街ろまん」のストーリー。まちへつなげる素敵な女性も登...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年06月号 vol.47

江戸時代から繋ぐ糸操り人形と写し絵/平井航さんによる糸操り人形と写し絵の公演「黒髪/夢十夜 第一夜」

開演を告げる挨拶が終わると、糸操り人形遣いの平井航さんが、舞台となる8畳の和室に入ってきて、中央に置かれた人形を静かに動かし始める。久東寿子さんによる出だしの唄と三味線がさび...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年03月号 vol.44

ワールド×ローカル/「谷根千坂上」養源寺で音楽フェスを仕掛けた小川さんに聞く

お寺の本堂で音楽フェス!?そんな、ぶっ飛んだイベントが。東京メトロ南北線「本駒込駅」近くの「養源寺」で行われた。調べてみると、谷根千で活躍するミュージシャンや、北欧フィンラン...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2019年02月号 vol.43

材料こだわり、シンプルな主食/千駄木のちっちゃくてあったかいパン屋さん「パリットフワット」

地下鉄千代田線「千駄木駅」から団子坂を上がって、「文京区立森鴎外記念館」を過ぎてしばらく行ったところに「パリットフワット」はある。通りの向かい側は「私立駒込学園中学校・高等学...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年02月号 vol.43

電車にも乗って運べるコンパクト屋台で「どこでも商い」/新時代の屋台を“ZASSO”がデザイン

"ZASSO"は「デザインで街の楽しみを作ろう」という目的で、2016年に加藤正紘さんと彌吉健介さんで始めたデザインユニットで、<雑食>と<創造>という言葉の最初の文字をとっ...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2019年1月号 vol.42

普通のまちの本屋さんを増やしたい/小石川のぺブルズ・ブックス店長、フリーランス書店員・久禮さんに聞く

小石川3丁目の住宅街に、2階建ての家を改装した小さなまちの本屋さん「Pebbles Books(ペブルズ・ブックス)が2018年9月にオープンした。Pebblesとは小石のこ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年12月号 vol.41

新しいことを始めたい人にぴったり/高齢者らをサポートする生活支援員

ご存知ですか?生活支援員。生活支援員は、判断能力が十分でない高齢の方や障害のある方などを対象に、福祉サービスの利用援助や日常的金銭管理などのサポートを行う人のこと。そういった...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年11月号 vol.40

ヘブンアーティストに会いに公園へ行こう/人形遣い、眞野トウヨウさん(遊楽マリオネット)

とにかく暑い。炎天下で何時間も演奏したりパフォーマンスを披露したりするヘブンアーティストは、さぞかし大変だろう。と、想像しながら、人形遣いの眞野トウヨウさんに教えてもらった場...

  いいね!   inaba_yoko inaba_yoko from 2018年08月号 vol.37

天野亨さんのリアル。「ともに」の心地よさを感じた

原稿が遅いどころか、最近は滅多に文章が書けていない竹形です。文京社会福祉士会の平成30年度第一回勉強会が6月20日水曜日の19時からフミコムで開催され、最近仲良しの天野さんが...

  いいね!   takegata takegata from 2018年07月号 vol.36

情報は狭く深く。住民の「知りたい」を追求する「護国寺ナビ」編集長の石井さん

「谷根千とか茗荷谷界隈に比べて、護国寺近辺の情報って少ないと思うんです」。熱を込めて話すのは、情報サイト「護国寺ナビ」編集長の石井さんだ。2015年ごろから、護国寺や音羽地域...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年06月号 vol.35

こんなところに?日本一ハードルの低いレコード屋って?

根津駅2番出口から徒歩1分といったところだろうか。住民しか行きそうにないコンビニ脇の路地を入ると・・・ 庭木がボウボウと生い茂る普通の住宅の玄関がなにやら普通でない。 小さく...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年06月号 vol.35

【ひと】かばんと抱っこひもと布団が一体化??シングルマザーが開発したgyuttone!(ぎゅっとね!)

子どもが歩けるようになっても、外出先では抱っこをせがまれることは多い。でも抱っこひもはかさばるし、持ち歩くのが面倒――そんな悩みを抱える子育て中の方のお助け育児グッズ、抱っこ...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年03月号 vol.32

【ひと】山手線で一番無名な駅を一番に!田端愛にあふれるTABATIME(タバタイム)編集長櫻井寛己さん

山手線で一番無名な田端を一番有名にしちゃおう――そんな野心を持つのは、曽祖父の代から田端民である櫻井寛己さん(28)。2017年に、田端による田端のためのwebマガジン「TA...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年02月号 vol.31

人生100年時代、ライフシフト=生き方改革をしよう!団体相次ぎ立ち上げ

かつて、人の寿命は50年ともいわれる時代があったが、いまや人生100年時代。日本人の平均寿命は女性が87.14歳、男性は80.98歳と、世界的にも長寿で、100歳まで生きる人...

  いいね!   Takako-Oikawa Takako-Oikawa from 2018年01月号 vol.30

バックナンバー(もっと見る)

2019年09月号 vol.50

おかげさまでJIBUNマガジンも創刊4年、50号を迎えました。読み手も書き...

2019年08月号 vol.49

灼熱の夏です。日中「危険」な暑さが続いています。暑さ指数が31「危険」を超...

2019年07月号 vol.48

ゲストのトークと交流の機会を提供するコミュニティー&ミーティング「文京区で...