JIBUNマガジン

2016年11月号 vol.16

記事タイトル一覧

【イベント告知】東洋大学とコラボ!第2回文京区民版子ども・子育て会議、11月5日開催!

記事テーマ:イベント予告

東洋大学社会貢献センターの主催で、11月5日13時半から、空き家を活用した子育てについてワールドカフェ形式で考える第2回文京区民版子ども子育て会議が開かれる。東洋大学は5日、6日と学園祭を開催中で、学生を交え、楽しみながら議論を深める場になりそうだ。 ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち】新鮮で個性的な野菜を週替わり農家の産直で/毎週日曜日にはりまざかマルシェ

記事テーマ:まち

「小ぶりの白菜、いかがですか」「朝採りオクラですから、生で食べられますよ」。次から次へと来る客へ、野菜の種類や食べ方について、農家の人が解説する。毎週日曜日、文京区小石川の播磨坂にある熟成肉の店「中勢以」内店の中では、「はりまざかマルシェ」が開かれている...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち】秋の日差しの中で「ちょっといい普段」を楽しむ/第12回小石川マルシェ開催

記事テーマ:まち

「ちょっといい普段」をコンセプトにした第12回小石川マルシェが10月16日(日)、文京区小石川の源覚寺と、小石川すずらん通りの2カ所で開催された。  2011年から地元の有志によって春と秋の年2回開催されている本イベントでは、レザークラフト・アクセサ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち・ひと】子どもたちに豊かな経験を/住みびらきで開設、千駄木の「狸坂文福亭」稲葉洋子さん

記事テーマ:ひと

「さあ~クイズです。わたしはだれでしょう。1 しろとくろのもようだよ」。紙芝居の紙を抜きながら、街頭紙芝居師の三橋とらさんが子どもたちに尋ねる。「パンダ!」。子どもたちの答えは勢いがある。文京区千駄木の「狸坂文福亭(たぬきざかぶんぶくてい)」ではお話し会...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

イマドキの給食食べたことある? 子連れOKなオシャレカフェ@東尾久「cafe OGU1」(荒川102掲載記事)

記事テーマ:荒川102

みなさん学校の給食を食べたのは何年前でしょうか? カレーに揚げパン、牛乳に冷凍みかん、懐かしいですね。 しかし食の流行は年月によって変わるもの。給食も例外ではありません。こちらのcafeOGU1の店長さんは、お店のオープンまで10年近く給食を作ってい...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑯繊細で創意工夫に富んだ”ヌーベルイタリアン・In Bosco(インボスコ)

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

昨年(2015年)5月末に惜しまれつつ閉店したTipsy’sの後、しばらくそのままになっていた場所に、1月19日(火)新進気鋭のオーナーシェフ渡部敏毅さんのお店In Bosco(インボスコ)が誕生しました。 In Boscoとはイタリア語で「森の中へ」と...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

赤ちゃんとおでかけ情報局⑯授乳室探訪/世田谷公園

記事テーマ:赤ちゃんとお出かけ情報局

世田谷公園は都会の中にあって気軽に行けるのに、緑も豊かでたくさんの魅力が詰まっている公園の一つ。駅でいうと東急東横線の三軒茶屋が最寄で、駅から歩いて15分ぐらい。渋谷からはバスも出ていて、バスだと公園のすぐ前まで行けるので荷物が多かったり、ちびっこ連れだ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【ひと】「子どもに任せる」親になろう!結果オーライでいいじゃない。「子育てKitchen」の田中由美子さん/ウェブサイト構築の人材募集中

記事テーマ:ひと

子どもがやろうとしているのに、待てない。任せられない。そんな親になっていませんか? 「気負わず、楽に子育てを。親の姿勢が変われば子どもも変わります」と、文京区白山で「子育てKitchen」を主宰する田中由美子さんは言う。3男1女を育てた先輩ママとしての経...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2019年08月号 vol.49

灼熱の夏です。日中「危険」な暑さが続いています。暑さ指数が31「危険」を超...

2019年07月号 vol.48

ゲストのトークと交流の機会を提供するコミュニティー&ミーティング「文京区で...

2019年06月号 vol.47

文京区コミュニティバス「B-ぐる(ビーグル)」は2007年に運行を開始。元...