JIBUNマガジン 文京区

2022年04月号 vol.81

名曲の坂道「桜坂」(東京坂道ゆるラン)

2022年04月15日 09:56 by Takako-Oikawa
2022年04月15日 09:56 by Takako-Oikawa

そもそも桜、ソメイヨシノが一般化したのは明治期のこと。なので桜坂という名の坂道は比較的新しいものです。
東京には桜坂がいくつかあります。いずれも景観を保つために街路に桜を植え、その季節にはフルブルームを誇り、名曲を生み出すものもあります。

赤坂の桜坂

赤坂の桜坂赤坂の桜坂は明治の中頃に開削され、戦前まで坂下に大きな桜の木があり、桜坂と命名されましたが、その樹は今は無く、近年植えたソメイヨシノが萌えています。都会の味気ない風景も桜があると一変します。

赤坂桜坂

赤坂の桜坂坂上から 赤坂の桜坂坂上から。

六本木さくら坂

東京タワーが見えるけやき坂 東京タワーが見えるけやき坂。

六本木ヒルズの裏には、欅坂46・けやき坂46のけやき坂の南側に並行して下る「さくら坂」があります。
六本木ヒルズ再開発から15年を経て街路樹の桜が道に覆いかぶさります。坂中腹にはさくら坂公園(通称ロボロボ公園)があり未来の「さくら坂46」たちが遊びます。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」に掲載されたものです。

 

関連記事

(東京坂道ゆるラン)歴史の表舞台の門「坂下門外の変」と「二・二六事件」秘話

2023年03月号 vol.92

(東京坂道ゆるラン)愛宕山、出世の石段と桜田烈士

2023年01月号 vol.90

(東京坂道ゆるラン)忠臣蔵・赤穂義士伝より「南部坂雪の別れ」

2022年12月号 vol.89

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年05月号 vol.106

緑萌える季節に、残念なお知らせです。ウェブマガジン発行サービスが5月いっぱいで…

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…