JIBUNマガジン 文京区

2022年04月号 vol.81

名曲の坂道「桜坂」(東京坂道ゆるラン)

2022年04月15日 09:56 by Takako-Oikawa

そもそも桜、ソメイヨシノが一般化したのは明治期のこと。なので桜坂という名の坂道は比較的新しいものです。
東京には桜坂がいくつかあります。いずれも景観を保つために街路に桜を植え、その季節にはフルブルームを誇り、名曲を生み出すものもあります。

赤坂の桜坂

赤坂の桜坂赤坂の桜坂は明治の中頃に開削され、戦前まで坂下に大きな桜の木があり、桜坂と命名されましたが、その樹は今は無く、近年植えたソメイヨシノが萌えています。都会の味気ない風景も桜があると一変します。

赤坂桜坂

赤坂の桜坂坂上から 赤坂の桜坂坂上から。

六本木さくら坂

東京タワーが見えるけやき坂 東京タワーが見えるけやき坂。

六本木ヒルズの裏には、欅坂46・けやき坂46のけやき坂の南側に並行して下る「さくら坂」があります。
六本木ヒルズ再開発から15年を経て街路樹の桜が道に覆いかぶさります。坂中腹にはさくら坂公園(通称ロボロボ公園)があり未来の「さくら坂46」たちが遊びます。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」に掲載されたものです。

 

関連記事

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)不忍池はなぜ秋田蘭画に描かれたのか?

2022年05月号 vol.82

古地図で辿る大久保利通、最期のルート「紀尾井坂の変」(東京坂道ゆるラン)

2021年12月号 vol.77

秋葉原の大きな勘違いー地名の由来は鎮火社?(東京坂道ゆるラン)

2021年11月号 vol.76

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年06月号 vol.83

6月、梅雨といえば、アジサイ。まちかどで雨露にしっとり濡れたアジサイが美し...

2022年05月号 vol.82

天候不順ですが、本来は五月晴れの行楽シーズン。ナントカ宣言も措置も出ていな...

2022年03月号 vol.80

♪春のうららの、墨田川・・・春の川は、魚が跳ねる音が聞こえて、春風に川面が...