JIBUNマガジン 文京区

2022年03月号 vol.80

OSAGARI絵本のよりみちにっき/今読みたかった「友情」の絵本

2022年03月16日 07:24 by Takako-Oikawa
2022年03月16日 07:24 by Takako-Oikawa

先日、息子の小学校で今年度最後となる「朝の読み聞かせ」がありました。月に一度、保護者有志が各々割り当てられた教室へ赴き(事前に希望は出せる)絵本を読むというものです。あっという間に過ぎ去った1年を振り返りながら、今年度最後の読み聞かせに選んだのはこちら。

『ゆらゆらばしのうえで』

きむら ゆういち 文

はた こうしろう 絵

(福音館書店)

今回私が担当したのは3年生です。メインの絵本は“友達”“友情”が描かれているものがいいなと思い、いくつかピックアップしたものの中からこちらを選びました。声に出して読んだときに、あ、今回はこれだな、と。

読み聞かせ当日、1冊目の『またまた ねえ、どれがいい?』(ジョン・バーニンガム著/まつかわまゆみ訳/評論社)でたくさん笑ったあと、この絵本をカバンから取り出すと「なんか形が面白い」「縦長だね」と子ども達が食いつきます。本を開くと見返しの深い青があらわれ、その後、本編へ。「わあ、絵がきれい!!」「縦長が真四角になった!」と歓声が上がります。

物語は、「息を切らしながらゆらゆら橋に駆け込むウサギと、その後を追うキツネ」という緊迫した場面から始まります。ウサギに近づこうとすると橋が傾くから、せっかく獲物が目の前にいるのに身動きが取れない、というジレンマ。そのうちとっぷりと日が暮れ……という具合にお話が進みます。テンポのよい2匹の会話とダイナミックで色彩豊かな絵。ページをめくるごとに、子ども達がぐっとお話の世界に入り込んでいくのがわかります。

最後に「おしまい」と本を閉じ、「『ゆらゆらばしのうえで』でした」と言って子ども達を見渡すと、ほっとしたような顔で「ウサギさん、助かってよかったね」「キツネいいやつだー」という安堵の声がもれました。担任の先生からも「とっても引き込まれるお話でした。素敵な絵本を紹介してくださってありがとうございました」とあたたかいコメントをいただきました。ああ、行ってよかった! 

このところ海の向こうから伝わるニュースに心がざわついていて、正直、今回の読み聞かせはパスしようかな……とも思っていたのですが、こんなときこそ行ってよかった。ありがとう。教室を出た後、心からそう思いました。

(1年前、息子が期待に胸ふくらませて作ったランドセル。お友達とたくさん笑ってぶつかって、仲直りして、またぶつかって。そんなこんなで、もうすぐみんな2年生 )

OSAGARI絵本・伊藤みずほ)

関連記事

OSAGARI絵本のよりみちにっき/アイマー器官がついている?

2022年11月号 vol.88

OSAGARI絵本のよりみちにっき/心があったかくなるもの

2022年10月号 vol.87

OSAGARI絵本のよりみちにっき/どんぐりといえばRちゃん

2022年09月号 vol.86

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年11月号 vol.88

木々が紅葉しはじめ、秋らしくなりました。小石川植物園では、受付の「ご自由にお持…

2022年10月号 vol.87

3年ぶりのお祭りムードがあちこちに広がる。一箱古本市「千石ブックメルカード」、…

2022年09月号 vol.86

イベントの秋がいよいよ始まります。コロナ第7波もピークアウトしたようですし、コ…