JIBUNマガジン 文京区

2022年01月号 vol.78

【イベント報告】記事の書き方教室第一弾開催

2022年01月17日 02:28 by Takako-Oikawa

換気のため開けた窓から冷たい空気が流れ込む。寒さが本格化した2021年12月18日(土)文京区千駄木の手作り弁当とおうちごはんの店「OKAERI」で、文京区のまちの情報基地JIBUNによる「記事の書き方教室」が開かれた。

古民家を改修して2015年にオープンしたOKAERI開店の経緯を、店主の濱彰子さんにJIBUN編集長と参加者が取材した。OKAERIは2階がイートインスペースだがレンタルが可能で、オプションで昼ごはんを食べたあと2階を貸し切って取材イベントとした。

(土鍋スープハンバーグ定食)

文京区民ら7名が参加。濱さんの話を熱心に聞き入り、次々と質問が飛んだ。取材内容の記事はこちら

取材後は、それぞれが感じたこと、印象に残ったことを発表。編集長が取材のポイントや、記事を書く際の心構えや「最初に見出しを考える」といったポイントを解説。参加者全員で自分が記事にする場合はどのような角度からどんな「見出し」をつけて書くかについて考え、発表した。

参加者からは「生の取材を間近で見られて勉強になった」といった感想が聞かれた。JIBUNでは今後も定期的に記事の書き方教室を開いていく予定だ。(敬)

関連記事

楽しくポップに銭湯山車が行く/廃業銭湯の物品で再構成、良さを祭りで語り継ぐ

2021年09月号 vol.74

手作りグラノーラで「繋がる」!? 文京区のコミュニティカフェ3者が協力してイベントを開催

2021年08月号 vol.73

表現を止めないで。静かに開催「芸工展2020」㊤

2020年12月号 vol.65

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年05月号 vol.82

天候不順ですが、本来は五月晴れの行楽シーズン。ナントカ宣言も措置も出ていな...

2022年04月号 vol.81

入園、入学、入社。新年度が始まり、新しい生活が始まりました。桜はあっという...

2022年03月号 vol.80

♪春のうららの、墨田川・・・春の川は、魚が跳ねる音が聞こえて、春風に川面が...