JIBUNマガジン 文京区

2021年09月号 vol.74

区民ボランティアが自宅療養者へ買い物代行/「文京マルキュー応援団」活動開始

2021年09月13日 23:17 by Takako-Oikawa

いつどこで誰が新型コロナウィルスに感染するかわからない状況が続いている。陽性になったり、濃厚接触者になったりして、突然自宅療養や自宅待機になったら買い物をどうしよう・・・。そんな不安にこたえようと、文京区民有志が、とりあえずの必需品を買って届けるボランティア活動「文京マルキュー応援団」を始めた。

マルキューの「キュー」には、いま求めている人に、「求」、ゆっくり休んで、「休」、急いで力を貸す、「急」の意味が込められているという。

きっかけは、LINEのオープンチャット。自宅療養の話題が出たとき、「単身だから不安」「行政に頼っても仕方ない」といった声が寄せられ、「物を届けるくらいなら私でもできる」「みんなの少しずつの力で何かやってみよう」という声があがり、賛同者が集まった。オンラインで打ち合わせを重ね、サイトやしくみを作った。

依頼者はサイトのフォームから依頼し、プライバシー保護のためニックネームで、住所も町名までで受け付ける。ボランティアが食料や雑貨などを見繕って購入し、玄関先まで届ける。「飲み物パック(約800円)」や、レトルトご飯やカップめんなどの「食事パック(約600円)」、ティッシュや解熱シートなどの「雑貨パック(約500円)」などとパック化して品目を絞り、ボランティアが依頼者と直接やりとりして購入。配送料は取らないので、依頼者は実費のみ支払う。

配送する区民ボランティアメンバーも募集中だ(紹介制)。詳しくはサイトで。Facebookページでも発信中。

関連記事

「春日局」屋敷跡と井戸を訪ねる美濃の旅/ぐるぐる、偶然の出会いで「発見」

2022年01月号 vol.78

地域の活動に「学生ブランド」/跡見の学生がフリーペーパーやSNSで「つゆくさ荘」応援

2022年01月号 vol.78

初冬?晩秋?まちでイチョウの黄葉狩り

2021年12月号 vol.77

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年01月号 vol.78

2022年が始まりました。今年は寅年。中国の九星術と組み合わせると「五黄の...

2021年12月号 vol.77

イルミネーションが復活したこの冬。クリスマス気分で人出も戻ってきました。い...

2021年11月号 vol.76

しばらくコロナ感染者数が底を打っているようで、まちに活気が戻りつつあります...