JIBUNマガジン 文京区

2021年05月号 vol.70

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)笠森お仙

2021年05月16日 11:50 by Takako-Oikawa
2021年05月16日 11:50 by Takako-Oikawa

明和の三美人といえば、浅草寺内楊枝屋「柳屋」お藤、浅草二十軒茶屋の水茶屋「蔦屋」およし。そして、谷中笠森稲荷の水茶屋「鍵屋」お仙。

明和の三美人 明和の三美人。

なかでも人気ナンバーワンは笠森お仙。このお仙、錦絵の開祖・鈴木春信に見出され、一世を風靡します。
当代一の風流人・太田蜀山人は「谷中笠森稲荷境内水茶屋女お仙十八歳美女なりとて、皆人見に行。家名を鍵屋五兵衛といふ。錦絵の一枚絵、或いは絵草紙、双六、よみ売等出る。手拭いに染まる」と評しています。

晴信の描いたお仙の浮世絵は今でいうところのアイドルブロマイド。人気が人気を呼び「お仙手拭い」「お仙すごろく」などのアイドルグッズが売り出されるほどに。笠森稲荷の水茶屋「鍵屋」はおおいに流行り江戸中から人が集まり、元祖「会いに行けるアイドル」の誕生です。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」に掲載されたものです。

関連記事

(東京坂道ゆるラン)太田道灌、山吹の里の鎌倉街道を行く2(豊島区前編)

2022年09月号 vol.86

戦犯裁判にかけられた東京四大銅像(東京坂道ゆるラン)

2022年03月号 vol.80

消えた軍艦行進曲記念碑(東京坂道ゆるラン)

2022年02月号 vol.79

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2023年01月号 vol.90

お正月気分も終わり、2023年が本格的に始動。冬らしい寒波が繰り返し襲ってきて…

2022年12月号 vol.89

あれ、街路樹に椿?と思ったら、どうやら山茶花(さざんか)らしい。「さざんかさざ…

2022年11月号 vol.88

木々が紅葉しはじめ、秋らしくなりました。小石川植物園では、受付の「ご自由にお持…