JIBUNマガジン 文京区

2020年12月号 vol.65

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)横山大観「千代田城」

2020年12月13日 09:34 by Takako-Oikawa
2020年12月13日 09:34 by Takako-Oikawa

千代田のお城・皇居は戦前、宮城とか明治宮殿と呼ばれます。横山大観は畏敬の念を深く抱き、千代田城を何度か描いています。

大正十三年(1924年)千代田城(クリックで拡大)。

大正十四年(1925年)日本美術院発行「大観作品集」掲載の「千代田城」は遠くに富士山、桜田門の渡櫓、二重橋、伏見櫓、明治宮殿を配しています。

桜田門の渡櫓 桜田門渡櫓。 二重橋 二重橋。 伏見櫓 伏見櫓。

静かなる千代田城

大正十五年(1926年)に描かれた「千代田城」は写実的で画面を静寂が支配しています。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「名画・名建築を歩く」に掲載されたものです。

関連記事

戦犯裁判にかけられた東京四大銅像(東京坂道ゆるラン)

2022年03月号 vol.80

消えた軍艦行進曲記念碑(東京坂道ゆるラン)

2022年02月号 vol.79

徳川慶喜邸と小日向の新坂(東京坂道ゆるラン)

2022年01月号 vol.78

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年08月号 vol.85

コロナ第7波で感染者が過去最大となりつつも、行動制限のない夏休みやお盆は3年ぶ…

2022年07月号 vol.84

観測史上最速と言われた梅雨明け(6/27)から3週間。酷暑から一転、梅雨に逆戻…

2022年06月号 vol.83

6月、梅雨といえば、アジサイ。まちかどで雨露にしっとり濡れたアジサイが美しい。…