JIBUNマガジン

2020年10月号 vol.63

名建築を歩く(東京坂道ゆるラン)コンドルと馬場先と一丁倫敦

2020年10月18日 00:18 by Takako-Oikawa

一日でも早く欧米の文化、建築水準に追いつきたい明治新政府は、工部大学校造家学(建築科)教授として、明治十年(1877年)25歳の若きジョサイア・コンドルを迎え、国家的事業の建築を急ぎます。その建築とは……。

鹿鳴館

幕末、徳川幕府が外国使節を接待するために使用していたのは浜離宮内の延遼館。

延遼館 延遼館。

外務卿・井上馨は西洋化された接待施設が必要と説きます。
井上は留学、海外視察経験も豊富で、欧米では社交場での外交活動が主流との考えがあり、接待社交場「鹿鳴館」の設計をコンドルに急がせます。がしかし、日本には日本らしい西洋建築と考えるコンドルは、和洋折衷のデザインを提案し、井上から何度もダメ出しされてしまいます。

井上にしてみれば、不平等条約の改正(領事裁判権撤廃、関税自主権獲得)に向けて、14万1633円(いまの金額で5億6千万円)も掛けて西洋式の社交場「鹿鳴館」で社交外交しようというのですから必死です。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「名画・名建築を歩く」に掲載されたものです。

 

 

関連記事

名建築を歩く(東京坂道ゆるラン)幻の官庁集中計画

2020年09月号 vol.62

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)鏑木清方「嫁ぐ人」と小石川植物園

2020年08月号 vol.61

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)二つの幽霊坂についての考察

2020年07月号 vol.60

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...

2020年07月号 vol.60

緊急事態宣言が解除され1カ月以上がたち、連日100人、200人の感染者が出...