JIBUNマガジン

2020年05月号 vol.58

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)赤ひげの小石川養生所

2020年05月17日 00:20 by Takako-Oikawa

享保七年(1722年)一月二十一日、和田倉門外、辰ノ口の評定所前に設置された目安箱に訴状を投げ込む一人の男がいます。

享保御江戸図より評定所 享保御江戸図より御評定所目安箱と吉宗公 目安箱と吉宗公。

八代将軍吉宗公は数ある訴状を吟味するうちに施薬院設置に関する訴状に目を見張り、御用取次・有馬氏倫にこう告げます。

この訴状の小川笙船なるものを召し出し詳しい話を訊き、直ちに検討せよ

小川笙船なる男

小川家のルーツは豊臣秀吉に仕え伊予国今治(現・愛媛県)に七万石を与えられた大名。関ヶ原で西軍についたのが運の尽き。子孫は没落し、いつの頃か町医者を稼業としています。

続きはこちら

この記事は「東京坂道ゆるラン」の「文京区の名坂」に掲載されたものです。

関連記事

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)笠森お仙

2021年05月号 vol.70

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)鏑木清方「築地明石町」

2021年04月号 vol.69

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)重要文化財になった坂道

2021年03月号 vol.68

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.74

コロナ禍が収まらない。秋のイベントも中止が相次ぐ。そんな中でも、マスクをし...

2021年08月号 vol.73

8月も半ばなのに、「梅雨末期のような雨」が降っています。先取りして秋雨かと...

2021年07月号 vol.72

梅雨がほぼ明けました。例年、梅雨末期に豪雨による水害が起きています。201...