JIBUNマガジン 文京区

2020年05月号 vol.58

文京三中のゆるキャラ「サンバちゃん」着ぐるみデビュー

2020年05月16日 23:35 by Takako-Oikawa
2020年05月16日 23:35 by Takako-Oikawa

文京区立第三中学校の生徒会がデザインしてつくったゆるキャラ「サンバちゃん」の着ぐるみが、2020年春の卒業式のあと、デビューした。新型コロナウィルスの影響で式はささやかに開かれたが、式終了後の会合のなかでサンバちゃんと、姉妹キャラのメイプルちゃんがお披露目された。

三中は緑が多いので、葉っぱをモチーフにしようと、生徒がデザインし、生徒会が作成した学校キャラクターで、これまでも広報誌などに登場。 三中の三、三つの葉っぱで、サンバちゃん。口が3の形をしている。

PTAが段ボールにサンバちゃんを描くなどして、これまでも運動会などに出没しており、生徒や保護者にはおなじみのキャラクターだ。2019年度に三中が、町会や主任児童委員ら地域の人を交えた学校運営協議会(コミュニティースクール=CS)設置校となったことを機に、着ぐるみの製作に乗り出した。

サンバちゃんは5月の新緑をイメージした緑色。メイプルちゃんは紅葉をイメージしたオレンジ色。創立記念月の5月「メイ」と、紅葉がきれいなメイプル(カエデ)をかけて命名されたそうだ。「2体いるのはすごいでしょう」と、PTA会長の大山広倫さん。今春卒業した長男も「学校に定着するキャラクターはそうそうない。デザインのバランスもいい」と評価しているそうだ。

卒業式後、卒業生や保護者はクラスごとに並び、門の前でサンバちゃん、メイプルちゃんと共にパチリ。着ぐるみの中に入っているのはPTA関係者だが、足元が見えず、視野に限りがあることから、他の保護者らに誘導してもらって歩いていた。「10月のゆるキャラグランプリにも出場しますよ」と、PTAも生徒たちも盛り上がっている。(敬)

関連記事

小石川植物園が発見と創作の場に/1万人近くが訪れた小石川植物祭

2022年11月号 vol.88

「ケ」の場に祭りを持ち込む/上野桜木の有形文化財・市田邸で演劇公演「ゴン太のクリスマス」

2022年11月号 vol.88

銭湯山車が帰って来た!/区内を巡行、「水出し」イベント16日に藍染大通りで

2022年10月号 vol.87

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2022年11月号 vol.88

木々が紅葉しはじめ、秋らしくなりました。小石川植物園では、受付の「ご自由にお持…

2022年10月号 vol.87

3年ぶりのお祭りムードがあちこちに広がる。一箱古本市「千石ブックメルカード」、…

2022年09月号 vol.86

イベントの秋がいよいよ始まります。コロナ第7波もピークアウトしたようですし、コ…