JIBUNマガジン

2020年04月号 vol.57

走れ!いだてん/「最後のゴール」

2020年04月26日 16:48 by Takako-Oikawa

オリンピック・パリ大会に惨敗、現役を引退した金栗四三は東京女子師範学校から母校にもハリマヤにも近い大塚の東京高等女子師範学校(現・御茶ノ水女子大学)に移るも、かわらずにスポーツ振興に尽力する毎日。

古地図:昭和3-11年(1928-36年)1万分の1地形図より東京高等女子師範学校。 古地図:昭和3-11年(1928-36年)1万分の1地形図より東京高等女子師範学校。

昭和五年(1930年)七月、秋田で講演をしている時、たった五文字の電報が届きます。

ア ニ キ ト ク

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「走れ!いだてん」に掲載されたものです。

関連記事

名建築を歩く(東京坂道ゆるラン)湯島切通坂と燃えなかった岩崎家本邸

2020年06月号 vol.59

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)赤ひげの小石川養生所

2020年05月号 vol.58

走れ!いだてん/「金栗足袋からカナグリ・シューズへ」

2020年03月号 vol.56

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年06月号 vol.59

緊急事態宣言が解除され、休業要請や県をまたいでの移動自粛も解除で、そろりそ...

2020年05月号 vol.58

人影のない異例の黄金週間が過ぎ、東京の緊急事態宣言は31日まで延長となった...

2020年03月号 vol.56

桜が開花しました。観測史上最も早いそうです。文京区の桜の名所、播磨坂でも、...