JIBUNマガジン

2020年04月号 vol.57

家の中で短時間にらくらくできる/山﨑ふらさんの「ストレッチ体操」でストレス解消!

2020年04月26日 15:25 by inaba_yoko

この非常事態、家の中にこもっていることで、ストレスをためていたり、つい食べ過ぎたり、身心のバランスを崩しがち。そこで今月は、「ストレスケア」の講師をしている、山﨑ふらさんの「ヨガの要素を取り入れたストレッチ体操」の動画を紹介する。子どもからお年寄りまでどなたでも、できないことは飛ばしてよい体操だ。ぜひふらさんといっしょにやってみてはいかが。

山崎ふらのおうちで簡単にできるストレスケア~とっても楽しい体操編!

「心身がすっきりします。元気が出てきます!ぜひ毎日一回お試しください」とのこと。

山崎ふらのおうちで簡単にできるストレスケア~気持ちが落ち着く呼吸法編

簡単に「気」を高める方法と、自然治癒力を高める呼吸法だそうだ。「気持ちがふんわり和らぎます。眠りの質が向上します。ぐっすり眠って免疫をあげていきましょう!」

山崎ふらのおうちで簡単にできるストレスケア~お顔すっきり表情筋ストレッチ

「ストレスがたまると顔はこわばります。簡単で楽しい表情筋ストレッチで笑顔を取り戻していきましょう!肩こり、首こり、頭痛、腰痛にも効果ありです。もちろん嬉しい小顔効果も!」

ここで山崎ふらさんについて。ふらさんというのは、本名だろうか。

「いいえ。芝居をやっていた時の芸名で、執筆するときのペンネームでもあります。落語の世界では、あのこ『ふら』があるねえ、というと、あのこ『華』があるねえ、という意味だそうで、そこからとりました」という。ところがこれは後付けの理由で、「別の意味があり、それは秘密」だそう。

狸坂文福亭でヨガ講師としてグループレッスンをしていただいている。ヨガを初めて10年だそうだ。「仕事や私生活での悩みが多く、少し身心のバランスを崩し気味だったときに、『ヨガでラクになれるかな?』と、興味を持ったのが始まりでした」

あっという間にヨガの魅力にはまり、具合もよくなり、「考え方が広くなった」という。

元々ダンスやストレッチ、発声などの講師をしていたが、メンタルクリニックでの講師歴が長く、今年で28年目になる。「『身心の開放』をテーマにしてきたので、今も自分は一般的なヨガ講師のつもりではなく『ストレスケア』の講師だと思っています」

「このたびのコロナウイルスの事態で、体はもとよりストレスのケアがより一層見直される時代がくると思います。これからもヨガの要素を取り入れた独自のメソッドを深めて、みなさんのお役にたてるように頑張っていきたいです」とのことだ。

「そして、様々な年代の方々、疾患のある方も健康な方も、それぞれが元気になるクラスを作っていきたいと思っています」(聞き手・稲葉洋子) 

【現在の活動】

・NPO法人ストレス対処法研究所所属 運動、リラクゼーション指導員

・身心をととのえるfura’sメソッド主宰

・狸坂文福亭にて月2回(第2、第4木曜日グループヨガレッスン開催(現在コロナウィルス対策でクローズ中)

・個人宅への出張ヨガ、ボディメンテナンス

・都内メンタルクリニックでのリワークケア、デイケア講師

・オンラインヨガ講座

・企業への出張ストレスケア、デモンストレーション講師

・仙川カルチャー 表情筋ストレッチ、発声法講師など

【著書】

いまラクになる「笑顔」の本

あしたが楽しい「笑顔」の本

身心をととのえるfura’sメソッド(Facebookページ)

 

 

関連記事

小さな「私のガラクタ美術館」から大きな世界が見える/免疫学者・多田富雄の骨董品を「芸工展2021」で展示

2021年10月号 vol.75

人形劇一筋の燕さんの芝居に子どもたちげゲラゲラ/子ども劇場荒川・台東・文京 文京ブロックが鑑賞活動

2021年09月号 vol.74

植物が結んだ版画家と植物分類学者の交流/文京区民の子孫が遺品提供「企画展 樺太の植物と風景-船崎光治郎と牧野富太郎」

2021年09月号 vol.74

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年10月号 vol.75

コロナの感染者が急減しました。今回は第何波でしたっけ? たくさんの波が来た...

2021年09月号 vol.74

コロナ禍が収まらない。秋のイベントも中止が相次ぐ。そんな中でも、マスクをし...

2021年08月号 vol.73

8月も半ばなのに、「梅雨末期のような雨」が降っています。先取りして秋雨かと...