JIBUNマガジン

2020年1月号 vol.54

エグザイルも浅田真央も衣装の染めはお任せ/創業110年、小石川の内田染工場

2020年01月14日 16:08 by Takako-Oikawa

区立一中横の坂を降りて千川通りへ。白山三丁目の信号を左折した右手にあるのが内田染工場。以前から茗荷谷界隈唯一の染物工場のお話を伺いたいと考えていましたが、いつも忙しく働く様子になかなかきっかけがありませんでした。今回ご紹介いただき内田社長にお話を伺うことができました。

創業明治42年。今年で110年目になります。群馬県・桐生出身の祖父がこの地で創業。「千川の水が使えたことも理由だったかもしれません」。戦争前までは呉服の糸染めなどを手がけていましたが、戦後しばらくは「靴下」の染めが多く、内田社長(明照幼稚園卒です)が子供の頃は「いつも靴下に囲まれていた」そうです。

バブルの前までは大きなロットの洋服生地やTシャツの染めなども請け負っていましたが、工賃の安さを求めて先ず縫製工程が海外へ移転。それでも染めなど最終工程は日本に残っていましたが、それもやがて海外へ。

続きはこちら

※この記事は「ご近所 茗荷谷界隈」に掲載されたものです。

関連記事

特選!ご近所 茗荷谷界隈/住宅街の民家カフェ蜻蛉 + 珈琲(せいれいかうひい)

2020年09月号 vol.62

特選!ご近所茗荷谷界隈/創業20年、ミルク酵母のパン屋さんMAHL ZEIT(マールツァイト)

2020年08月号 vol.61

特選!ご近所 茗荷谷界隈/看板を作り続けて約100年、大塚のタクミヤ

2020年07月号 vol.60

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年09月号 vol.62

朝夕が涼しくなり、ようやく秋めいてきました。世間では相変わらずのコロナ禍。...

2020年08月号 vol.61

気がつけばJIBUNマガジンは5周年を迎えました。昨年8月号のカバー写真は...

2020年07月号 vol.60

緊急事態宣言が解除され1カ月以上がたち、連日100人、200人の感染者が出...