JIBUNマガジン

2020年1月号 vol.54

走れ!いだてん/「震災からパリへ」

2020年01月13日 23:07 by Takako-Oikawa

大正十二年(1923年)九月一日午前11時58分32秒、帝都・東京、横浜など首都圏の地が大きく揺れます。 関東大震災の発生です。

地震発生の時刻で止まってしまった一ツ橋・中央気象台の時計。 地震発生の時刻で止まってしまった一ツ橋・中央気象台の時計。 古地図:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より中央気象台。 古地図:大正5-10年(1917-21年)陸地測量部2万5千分の1地形図より中央気象台。

マグニチュード7.9の揺れで崩壊、その後の火災で帝都は灰塵と化します。死者四万人、家を失った者二百万人と云われる未曾有の大災害に見舞われます。 不幸中の幸い、金栗四三が奉職していた小石川区竹早町の東京女子師範学校は軽微な被害で済み、避難民を受け入れます。 次々に押し寄せてくる避難民の対応に金栗は全力を尽くします。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「走れ!いだてん」に掲載されたものです。

関連記事

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)鏑木清方「築地明石町」

2021年04月号 vol.69

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)重要文化財になった坂道

2021年03月号 vol.68

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)九段にあった競馬場

2021年02月号 vol.67

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年04月号 vol.69

今年の春は半月ぐらい早まったようで、もうすでにまちは五月の装い。ご近所の道...

2021年03月号 vol.68

コロナの話題には飽き飽き。外出自粛もイベント中止も慣れっこ。やれやれの気分...

2021年02月号 vol.67

桜の名所、小石川の播磨坂にある河津桜がもうすぐ満開になりそうです。早咲きで...