JIBUNマガジン

2019年09月号 vol.50

走れ!いだてん/「箱根駅伝はじまり物語」

2019年09月03日 23:46 by Takako-Oikawa

大手町・読売新聞東京本社前には「絆」像と箱根駅伝歴代優勝校のパネル。大正九年・第一回大会の優勝は金栗四三の母校・東京高等師範学校。ここには数々のドラマが秘められています。

雑談から生まれた箱根駅伝

大正八年(1919年)十月、金栗は、埼玉県鴻巣の小学校の運動会に審判として招かれ講演を行っています。
同じく招かれていたのは、東京高等師範学校の後輩・野口源三郎と明治大学の学生・沢田英一。野口は極東大会に於いて十種競技に優勝。沢田は札幌〜東京22日間走破に成功。ともに陸上界のホープです。

帰京の途、汽車の中、三人は夢を語り合います。ご存知、金栗はストックホルム・オリンピック日本代表富士登山競争、下関〜東京間1200キロ走破などなど、日本一のツワモノ。これら三人のツワモノが集まると、スケールの大きな話が飛び出してきます。

国威を内外に示すため、海外で駅伝をやろうというのです。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「走れ!いだてん」に掲載されたものです。

関連記事

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)笠森お仙

2021年05月号 vol.70

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)鏑木清方「築地明石町」

2021年04月号 vol.69

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)重要文化財になった坂道

2021年03月号 vol.68

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年09月号 vol.74

コロナ禍が収まらない。秋のイベントも中止が相次ぐ。そんな中でも、マスクをし...

2021年08月号 vol.73

8月も半ばなのに、「梅雨末期のような雨」が降っています。先取りして秋雨かと...

2021年07月号 vol.72

梅雨がほぼ明けました。例年、梅雨末期に豪雨による水害が起きています。201...