JIBUNマガジン 文京区

2019年07月号 vol.48

走れ!いだてん/金栗四三「消えたベルリンへの道」

2019年07月05日 00:43 by Takako-Oikawa
2019年07月05日 00:43 by Takako-Oikawa

ストックホルム・オリンピック後、嘉納治五郎は、落ち込む二選手にこう声をかけます。

嘉納治五郎みんな落胆してはいけない。私自身、君たちに勝って貰いたいとはツユほども思っていなかったし、結果は予想していた通りだ。しかし、外国の技術を学び、大きな刺激を得たことは大成功だ。日本のスポーツが国際的な檜舞台に第一歩を踏み出したのだ。大きな誇りを持って欲しい。何事も初めから上手くいくことは少ないのだ

教育者・嘉納治五郎のいたわりある温かな言葉。
短距離で惨敗した三島弥彦、マラソンを完走出来なかった金栗四三ですが、どうやら、日本スポーツ界の黎明の鐘を鳴らすことは出来たようです。

続きはこちら。

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「走れ!いだてん」に掲載されたものです。

関連記事

(東京坂道ゆるラン)都心の鉄道史跡「汽笛一声・鉄道はじめて物語」

2023年05月号 vol.94

(東京坂道ゆるラン)柘榴坂(ざくろ坂)の仇討

2023年02月号 vol.91

(東京坂道ゆるラン)太田道灌、山吹の里の鎌倉街道を行く2(豊島区前編)

2022年09月号 vol.86

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年05月号 vol.106

緑萌える季節に、残念なお知らせです。ウェブマガジン発行サービスが5月いっぱいで…

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…