JIBUNマガジン

2019年06月号 vol.47

走れ!いだてん/金栗四三「ストックホルムの死闘」

2019年06月01日 23:25 by Takako-Oikawa

 播磨屋の足袋職人・黒坂辛作は底を二重に補強した足袋二十足を、金栗四三に持たせます。

 「播磨屋の足袋でオリンピックに負けたなんてぇ言われたら困るからなあ」

 後援会、仲間たちが奔走。寄付をかき集め、足りない分は故郷の兄が工面。多額の参加費用もどうにか集まり、金栗は多くの人々に支えられます。

 明治四十五年(1912年)五月十六日、金栗は大塚の東京高等師範学校から「送国際選手金栗四三君」と書かれた大きなノボリを先頭に、見送りの行列百数十名とともに徒歩で出発。

 途中、二重橋前で皇居を礼拝、万歳を三唱して新橋停車場へ。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「走れ!いだてん」に掲載されたものです。

関連記事

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)鏑木清方「築地明石町」

2021年04月号 vol.69

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)重要文化財になった坂道

2021年03月号 vol.68

名画を歩く(東京坂道ゆるラン)九段にあった競馬場

2021年02月号 vol.67

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2021年04月号 vol.69

今年の春は半月ぐらい早まったようで、もうすでにまちは五月の装い。ご近所の道...

2021年03月号 vol.68

コロナの話題には飽き飽き。外出自粛もイベント中止も慣れっこ。やれやれの気分...

2021年02月号 vol.67

桜の名所、小石川の播磨坂にある河津桜がもうすぐ満開になりそうです。早咲きで...