JIBUNマガジン 文京区

2019年05月号 vol.46

走れ!いだてん/金栗四三「マラソン足袋の第一歩、黎明の鐘」

2019年05月02日 17:23 by Takako-Oikawa
2019年05月02日 17:23 by Takako-Oikawa

黒坂辛作は明治十四年(1881年)の兵庫生まれ。足袋作りの修行をして二十一歳の時、東京で一旗揚げようと上京。明治三十五年(1902年)小石川区大塚仲町十番地に足袋店を開業。屋号は生まれ故郷からとって「播磨屋」とします。

翌年、店の裏手の大塚窪町に東京高等師範学校(現・筑波大学)が御茶ノ水から移転してきます。東京高等師範学校では、春と秋には校内長距離走大会があるとかで、生徒たちが足袋を買いにきます。足袋は軽く、長距離を走るのに適しているらしく、自分でも思わぬところから需要があって驚きます。

続きはこちら

※この記事は「東京坂道ゆるラン」の「走れ!いだてん」に掲載されたものです。

関連記事

(東京坂道ゆるラン)都心の鉄道史跡「汽笛一声・鉄道はじめて物語」

2023年05月号 vol.94

(東京坂道ゆるラン)柘榴坂(ざくろ坂)の仇討

2023年02月号 vol.91

(東京坂道ゆるラン)太田道灌、山吹の里の鎌倉街道を行く2(豊島区前編)

2022年09月号 vol.86

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年05月号 vol.106

緑萌える季節に、残念なお知らせです。ウェブマガジン発行サービスが5月いっぱいで…

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…