JIBUNマガジン

2018年11月号 vol.40

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)学舎の迷宮「東京大学不思議ツアー」江戸時代編

2018年10月31日 22:07 by Takako-Oikawa

東京大学本郷キャンパスの敷地はもと加賀藩上屋敷。なので江戸時代の遺構もあり、また、不思議な伝説もあります。

日本の最高学府の代名詞にもなっている赤門は文政十年(1827年)十一代将軍家斉の第二十一女・溶姫が加賀前田家に嫁ぐ際、建てられたものです。

グッピー将軍と揶揄される十一代将軍家斉。彼は二十人の側室に五十二人の子供をもうけた子沢山、子息は大名家に授けました。大名にとっては徳川家と親戚関係となるわけで格が上がりますが、婚姻による大きな負担に悩まされ痛し痒し。

続きはこちら

※この記事は文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)に掲載されたものです。

関連記事

走れ!いだてん/金栗四三「徒歩部時代」

2019年03月号 vol.44

文京区の名坂/走れ!いだてん/金栗四三のランニングコース「御茶ノ水〜大塚」

2019年02月号 vol.43

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)学舎の迷宮「東京大学不思議ツアー」近世編

2018年12月号 vol.41

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年03月号 vol.44

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」 屋敷を出...

2019年02月号 vol.43

3日は節分。季節を分ける節目の日です。邪気=鬼を払うため、豆まきをした家庭...

2019年1月号 vol.42

2019年あけましておめでとうございます。 「平成31年」はいつまで使われ...