JIBUNマガジン

2018年09月号 vol.38

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)朽ちてゆく門と幽霊坂

2018年09月03日 00:07 by Takako-Oikawa

小布施坂を調査中に、偶然、見つけてしまった謎の門。ご近所のマダムも気がつかない場所でひっそりと静かに朽ちていく姿は、歴史を消し去る意志を秘めているかのようです。
後日、坂道探偵社、親愛なる、そして頼りになる助手のワトソ子くんを呼びたし、調査再開です。

江戸川公園で待ち合わせ、怪しげな現場へ向かおうとすると、ワトソ子くんは、急に言い出します。

「坂道社長、わたくし、椿山荘行ったことがございませんの」
「え(*’д’*)、ラブラブの旦那さんと永青文庫に春画展を見に行ったって言ってたしょっ(*´艸`*)。永青文庫行く途中だよ」
「入口はありましたが、正装じゃなくて入りにくいんですのよ」
「そんなことないよ、僕はいつもジャージ姿の汗だくで入って行くよ。それに門番のおじさんは笑顔で迎えてくれるし」
「そうだったんですかぁ〜、行きましょう!(人‘▽‘☆) ルン♪」

続きはこちら

※この記事は文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)に掲載されたものです。

関連記事

文京区の名坂/走れ!いだてん/金栗四三のランニングコース「御茶ノ水〜大塚」

2019年02月号 vol.43

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)学舎の迷宮「東京大学不思議ツアー」近世編

2018年12月号 vol.41

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)学舎の迷宮「東京大学不思議ツアー」江戸時代編

2018年11月号 vol.40

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2019年02月号 vol.43

3日は節分。季節を分ける節目の日です。邪気=鬼を払うため、豆まきをした家庭...

2019年1月号 vol.42

2019年あけましておめでとうございます。 「平成31年」はいつまで使われ...

2018年12月号 vol.41

まばゆいばかりのイチョウの黄葉.。夜は街頭に照らされ、夜桜ならぬ夜銀杏が美...