JIBUNマガジン

2018年05月号 vol.34

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)上野戦争ー残された弾痕(後編)

2018年04月30日 21:45 by Takako-Oikawa

慶応四年(1868年)5月15日(新暦7月4日)午前3時、江戸城二重橋前の大下馬に集合した新政府軍は、道案内人を伴い、それぞれの配置へと向かいます。

午前7時、広小路、忍川に架かる三橋を挟んでの激戦が始まります。広小路の松坂屋前(今も昔も松坂屋)に陣取る西郷さん率いる新政府軍と黒門を守る彰義隊は一進一退、最初のうちは彰義隊優勢に進展します。

山王台(現・西郷隆盛像のある高台)から繰り出すフランス山砲(小栗上野介関口大砲製作所で製造)の正確無比な砲弾に手を焼きますが、それに対抗して、山王台正面の料理屋「雁鍋」の二階に四斤山砲を抱え上げ、応戦します。

続きはこちら

※この記事は文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)に掲載されたものです。

関連記事

走れ!いだてん/「パリに沈む日」

2020年02月号 vol.55

走れ!いだてん/「震災からパリへ」

2020年1月号 vol.54

走れ!いだてん/「金栗パパ竹早にあり」

2019年12月号 vol.53

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.55

今月は4年に1度2月「29日」がある「うるう年」。いつもの年より1日多いの...

2020年1月号 vol.54

2020年も半月過ぎてしまいました。お正月気分は抜けてしまったでしょうか。...

2019年12月号 vol.53

クリスマスまでなんとなく気持ちもにぎわって盛り上がりますが、すぐに歳末、正...