JIBUNマガジン 文京区

2017年03月号 vol.20

【みせ】外は「パリッ」中は「ずっしりモチモチ」な本格派ベーグルのお店 ~Bagel Beaver~

2017年03月16日 10:21 by takegata
2017年03月16日 10:21 by takegata

 

本郷三丁目の交差点から、みずほ銀行と三菱銀行の間の細い道を消防署の方に向かって歩いていくと、焼肉の店「ジャンボ」の少し手前に白い壁の細長いビルがあります。少し奥まったドアの前になにやら手書きの看板。Plain \350~370、flavors \480と書いてあります。

中に入ると香ばしい小麦の香り。深い赤色の棚に並んでいるのはベーグルです。

「うわっ、高っ」と、思う人は多いでしょうね、ただ、ベーグル好きの人にとってはかなりの評判のようです。他のお店で売っているベーグルと何が違うのか、店長の澤田さんに聞いてみました。

「油や砂糖、その他の添加物を一切使わず、北海道産の小麦粉を100%使って小麦の味を大事にしています。北海道産の小麦をウリにしているお店もありますけど、輸入小麦とブレンドしている場合が多いですね。うちはストレートです」なるほど、素材にとことんこだわっているわけですね。砂糖を使わずに72時間かけて生地を発酵させているのだとか。そのため、1日に作れる数も限られていて夕方になる前には売り切れてしまいます。「遠くからわざわざ買いに来てくれる人もいるので、うちでしか作れない味を大事にしたいです」と澤田さん。

右手の棚に置いてあるのはヨーグルトレーズンのディップとクリームチーズ。ヨーグルトレーズンはオーガニックのレーズンをヨーグルトに混ぜて時間をかけて乳清を落としたもの。これがめちゃめちゃ美味しいんですよ。クリームチーズもベーグルとの相性は抜群ですね。クリームチーズに粗挽きのブラックペッパーを大量に振りかけるという荒技は超オススメ。毎日いろいろな種類のベーグルを日替わりで出しているそうですが、各種の小麦粉で焼いたプレーンが揃っているお昼前後の早めの時間がネライ目です。(竹形誠司)

ベーグルビーバー

文京区本郷3-37-2 CoCCo 1F


関連記事

朝はコッペパン、夜はピザ、介護職は1杯無料。。。ユニークなカフェ&バー「ケアギルドトーキョー」プレオープン

2024年04月号 vol.105

自給率をあげる「食材選び」、観光客向け「体験イベント」も/交流・体験space「九条Tokyo」

2024年04月号 vol.105

地域の人の心と体を元気に/勢いで開店、本郷のCafé&Apéro Taro Taro(カフェ&アペロ・タロタロ)

2023年08月号 vol.97

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2024年05月号 vol.106

緑萌える季節に、残念なお知らせです。ウェブマガジン発行サービスが5月いっぱいで…

2024年04月号 vol.105

春がしばらく足踏みし、桜の開花が少し遅れたと思ったら一気に暖かくなり、ツツジも…

2024年03月号 vol.104

季節は行ったり来たり。今春の桜の開花は早いと思ったら、寒さがぶり返して先延ばし…