JIBUNマガジン

2017年03月号 vol.20

記事タイトル一覧

文京区の名坂(東京坂道ゆるラン)さくらまつりの播磨坂と環三通り

記事テーマ:文京区の名坂

茗荷谷の谷筋からお江戸の情緒が濃い藤坂を登ると、春日通りに出ます。春日通りの向こう側には幅約40メートルの播磨坂が見えてきます。江戸時代の松平播磨守の屋敷を貫く播磨坂、こんなに幅広な坂道は江戸時代から存在したはずは無く、近代の開削だということがわかります...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【JIBUNテレビ】保育園落ちても働けます!?子守りシェアで「おたがいさま子育て」を

記事テーマ:JIBUNテレビ

「大丈夫!保育園落ちても働けます!」と言うのは、「おたがいさま子育て文京」の塩田美智代さん。なんでも、親同士で子守りをシェアして、仕事をしようじゃないの、という計画らしいです。保育園落ちた人この指とまれ?! 文京シビックセンターで2017年2月11日に開...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち・サークル紹介】触って読める地図や絵本、あります/文京区で活動、サークル・六点会

記事テーマ:まち

ザラザラの面、盛り上がった太い線、細い線。それぞれが公園や道路、線路などを表している。凹凸や手触りの違いで情報を伝える「触図」の技法で作られた地図だ。文京区内各地域がそろっている。 作ったのは「サークル・六点会」。文京区関連の刊行物の点訳のほか、お店のメ...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち】八角形の窓がかっこいい!茗荷谷の大黒湯さんへ行ってきた。

記事テーマ:まち

たまに暖かい日もあるもののまだまだ寒い日が続きますね。寒さが苦手なのでこういうときこそ銭湯っていいよなあとしみじみ感じます。というわけで、今回は東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅から徒歩5分くらいにある大黒湯さんを訪問しました。(永本真一郎)  茗荷谷駅か...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【JIBUNテレビ】パパの休日を絵本に?!パパ絵本トリップ!森川寛信さんに聞く

記事テーマ:JIBUNテレビ

イクメンという言葉が登場し、休日に子どもと過ごすパパも多いのでは?しかし、あれ、行く場所、公園しかない・・・そんなパパにおすすめなのがこれ、パパ絵本トリップ!普及活動を始めた森川寛信さんに聞きました。なるほど感満載です。 ※この動画は2017年2月11日...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【まち】採れたて野菜で健康に、地方の農家を応援/小石川郵便局前のポストマルシェ、毎月15日開催

記事テーマ:まち

「種子島の安納芋です。こちらはすぐ食べられます。冷めた方がねっとり甘いですよ」 「まあ、おいしい!」 小石川郵便局の前でこんな会話が。ゆうちょや保険の宣伝の幟の前に、野菜がずらり。なんだろう?と足を止める人に、仕掛け人の黒須設雄さんがすかさず話しかける。...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

【イベント報告】子育てスペースが人形劇場に早変わり?千石こじゃりで「ミカンも人形に」手遊びワークショップ

記事テーマ:イベント報告

今日は、「千石こじゃり」に、ガイ氏即興人形劇場がやってくる日だ(2017年2月27日)。千石こじゃりは文京区千石に、高浜直樹氏が営む「子育て不動産」(子育てスペースの中に不動産屋さんがある)が、毎週月曜日に、12畳ほどの子育て応接スペースを地域の親子に開...

inaba_yoko inaba_yoko

特選!ご近所 茗荷谷界隈⑳おちょこ一杯から飲める日本酒好きの店/酔処 ちょこや

記事テーマ:ご近所 茗荷谷界隈

In Boscoの渡部オーナーシェフから「友人が近くに店を出しました」とご案内をいただき、さっそく出かけました。播磨坂から千川通りを左に折れた最初の角。4月まで「秋田小町」という店があった場所でした。開店は6月1日。店主の野中さんは京都木屋町にあった割烹...

Takako-Oikawa Takako-Oikawa

バックナンバー(もっと見る)

2017年02月号 vol.19

立春を過ぎ、寒い日もありますが日に日に春を感じる2月です。 このほど、フミ...

2017年1月号 vol.18

2017年、あけましておめでとうございます。 日曜日から1年が始まる年。冬...

2016年12月号 vol.17

今年もあと1カ月。 都心にある文京区は今がイチョウの黄葉の時期。 抜けるよ...